NIPPON NEWS LOG

重要記事収集サイト
「日本はいつまで低姿勢続けるべきなのか」
0
     
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/16/2012101600852.html?ent_rank_news



    「日本はいつまで低姿勢続けるべきなのか」

    韓中日国際フォーラム第1分科会

     野党・民主統合党の文在寅(ムン・ジェイン)大統領候補の諮問役を務める延世大学の文正仁(ムン・ジョンイン)教授(前東北アジア時 代委員会委員長)と、無所属の安哲秀(アン・チョルス)大統領候補の諮問団で座長格の尹永遏淵罐鵝Ε茱鵐哀.鵝縫愁Ε訛膤慇治外交学部教授(前外交通商 部〈省に相当〉長官)が15日、韓中日3カ国国際フォーラムで顔を合わせた。

     基調講演を行った文教授は「中国が浮上する今 の状況で『韓米同盟を強化すべき』という意見や『中国側に立つべき』という意見、さらには『韓国も核を保有すべき』などさまざまな意見があるが、いずれも 方法としては正しくない」とした上で「韓国は北朝鮮を含む周辺国と良好な関係を結び、海洋勢力と大陸勢力の間で『懸け橋国家』としての役割を果たさねばな らない」と主張した。

     これに対し、司会を務めた尹教授は「東アジア繁栄のためには3カ国の経済協力を強化し、制度面でも協 力の仕組みを築かねばならない」「東アジアと太平洋という二つの経済圏が統合することが理想的だ」とした上で「このような流れの中では、韓中日FTA(自 由貿易協定)の締結が重要になってくる」と主張した。文教授と尹教授は「3カ国での政権交代を前に、政治におけるリーダーシップが弱くなっている」との点 で一致し、このような状況で領土問題が激化し民族主義が台頭することに憂慮を示した。

     フォーラムでは東アジアでの3カ国の 協力関係構築に向けた方策について、発表者たちの間で激しい討論が繰り広げられた。文教授が主張する「懸け橋国家論」について、田中均・元外務省外務審議 官は「(中国の力量はまだ足りないため、米中を意味する)G2などというものはない。韓国と日本が(手を取り)中国を建設的な方向に変えていくことが重要 だ」「文教授の主張は何を意味しているのか分からない。東アジアの安全は、韓米同盟と日米同盟を基盤として維持しなければならない」と反論した。これに対 し、文教授は「米中2カ国が東アジアの秩序を左右する場合、韓日両国は犠牲者となる可能性がある」と反論。「中国を変化させるべきという主張は欧米式の発 想」と批判した。

     金燦栄・中国人民大学国際関係学院副院長は「米国のアジア回帰が現実のものとなり、中国と米国との間で意見の違いが浮き彫りになってきている。韓国は中米関係で仲裁者の役割を果たせるだろう」と述べ、文教授と同じ立場を表明した。

      最近の東アジアでの領土問題や歴史問題に対しても、3カ国の出席者の間で意見の食い違いが浮き彫りになった。文教授は「韓中両国は日本のために支配と屈従 の歴史を経験した。日本が問題の核心だ」と主張した。これに対し、田中元審議官は「戦争(第2次大戦)が終わって67年が過ぎた。いつまで(日本が)低姿 勢を続けるべきなのか」と反論。また李明博(イ・ミョンバク)大統領による独島(日本名:竹島)訪問についても「以前の日本であれば何も言わなかっただろ うが、今は痛ければ痛いと言うだろう。日本は普通の国になってきている」と述べた。一方で金燦栄副院長は「中国政府は民族主義とは一定の距離を置いている が、外部からの刺激が続けば、中国政府としても致し方ない」とした上で「外部の努力が必要だ」と訴えた。

     3カ国の専門家は この日「韓中日協力を欧州連合(EU)のレベルにまで発展させるべき」という点では一致した。文教授は「3カ国の間で協力の習慣が築かれてきている」と述 べ、田中元審議官は韓中日の学会などから3人ずつ選んだ「9人知識人会議」の立ち上げを提案した。金燦栄副院長は「歌手PSY(サイ)の『江南スタイル』 は中国でも人気を集めている。経済や文化などの分野では東アジアの協力は可能」との見方を示した。

    特別取材班
    | NNL2 | 日本の対韓・対北朝鮮姿勢 | 19:31 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
    漂流船の3人出国
    0
       http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120109/crm12010916260010-n1.htm



      漂流船の3人出国 中国経由で北朝鮮へ

      2012.1.9 16:23 外交
      帰国のため海上保安本部の巡視船からヘリで移送される、島根県・隠岐島近海で見つかった北朝鮮の漂流船の生存乗組員ら=9日午前11時13分、鳥取県境港市沖

      帰国のため海上保安本部の巡視船からヘリで移送される、島根県・隠岐島近海で見つかった北朝鮮の漂流船の生存乗組員ら=9日午前11時13分、鳥取県境港市沖

       島根県隠岐島沖で発見された北朝鮮の漂流船の乗員3人について、政府は9日、中国経由で帰国させることを決めた。3人は同日、鳥取県境港市沖に停泊中の海上保安庁の巡視船を出て、福岡空港から大連経由で北京に向け出国した。

       日本の領海内で北朝鮮の遭難者を保護した初のケース。北朝鮮政府が帰国させるよう要請し、3人も帰国を希望したことから、政府は速やかに帰国手続きを取るのが望ましいと判断。北京で日本、北朝鮮両大使館員が帰国方法を協議した。

       海保によると、小型船は昨年12月中旬、男性4人が乗り込んで北朝鮮の東海岸から出港、沿岸で漁をしていたが、天候悪化で網が揚げられなくなった。その後、エンジンも故障して動けなくなり、漂流中に1人が死亡したという。

       船内で見つかった1遺体は当面、境港市の境海上保安部に安置される。







      http://mainichi.jp/select/world/news/20120110ddm002040093000c.html

      島根・北朝鮮漂流船:乗組員3人、中国・大連で引き渡し

       島根県の隠岐諸島沖で発見された北朝鮮の漂流船の男性乗組員3人について、日本政府は9日、福岡空港から民間航空機で出国させ、中国・大連で北朝鮮側に引き渡した。【西田進一郎】

      毎日新聞 2012年1月10日 東京朝刊





      http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080115-899562/news/20120109-OYT1T00471.htm

      漂流船の3人、北朝鮮に帰国へ…中国で引き渡し

       島根県・隠岐諸島沖の日本海で北朝鮮から来たとみられる男性3人が小型木造船で漂流していた問題で、日朝両政府は9日、3人を北朝鮮に帰国させることで合意した。

       3人は同日、保護されていた鳥取県境港市沖の巡視船を出て福岡空港から出国し、中国・大連で北朝鮮側に引き渡された。

       3人は今月6日、第8管区海上保安本部の巡視船に発見された。船内には男性1人の遺体があった。3人は事情聴取に対し、「北朝鮮を出港し、漁の途中で、エンジン故障で漂流した」などと話し、北朝鮮に帰ることを希望したため、政府は日朝両政府が大使館を持つ北京で北朝鮮側と協議していた。木造船は当面、政府が保管する。

       カタール訪問中の玄葉外相は9日、ドーハ市内で「遭難者の希望が北朝鮮に帰りたいということだった。人道的な見地から帰国させる対応が適切だと判断した」と記者団に語った。

      2012年1月9日19時31分  読売新聞)






      http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201201090022.html

      北朝鮮船乗員3人、帰国の途に=日朝政府間で合意―洋上巡視船から空輸

      2012年1月9日13時36分

       島根県の隠岐諸島沖に漂流していた北朝鮮の小型木造船の乗員男性3人について、日朝両政府が非公式協議を行い、帰国させることで合意したことが9日、分かった。3人は同日、隠岐沖に停泊中の巡視船から空輸され、福岡空港経由で中国・大連に到着。日本側が北朝鮮当局者に3人を引き渡した。3人は北朝鮮に帰国する。

       日本領海に漂着し北朝鮮への帰国を希望した初のケースで、政府が対応を調整していた。

       政府関係者によると、日朝両政府は7日から北京で非公式に協議し、人道的見地から帰国させることで合意したという。

       海上保安庁の巡視船に保護されていた3人は9日、ヘリコプターで鳥取県境港市の米子空港に運ばれた後、同庁の飛行機に乗り換え、福岡空港に到着。民間機に乗り、同日午後に日本を離れた。 

      [時事通信社]




      http://www.asahi.com/special/08001/OSK201201090001.html

      漂着木造船の乗組員、北朝鮮へ 福岡・中国経由で

      2012年1月9日17時28分

       北朝鮮から島根県の隠岐諸島沖に小型船が漂着した問題で、第8管区海上保安本部は9日、保護していた乗組員の男性3人を遭難者と断定し、帰国に向けて中国へ出国させた。3人は中国に到着後、北朝鮮側へ引き渡された。日本の領海内で北朝鮮の遭難者を扱う初のケースとなった。

       8管によると、3人は事情聴取に対し、昨年12月中旬に4人で北朝鮮東岸を出港、網で漁をしていたが天候悪化で中止した後にエンジンが故障し漂流したと説明したという。今月6日の漂着発見時に遺体で見つかった1人の死因は低体温症で、死後約1週間と確認され、水や食料もなくなっていたことなどから、8管は遭難と判断した。

       3人は脱北の意思はなく帰国を望んだため、関係省庁や政府間で協議の結果、帰国が決まった。8管は鳥取県境港市沖に停泊中の巡視船で保護していた3人を9日午前、近くの海上保安庁美保航空基地にヘリで移動させ、午後から航空機で福岡空港(福岡市)へ移送。民間機で中国・大連に到着後、北朝鮮へ帰国したとみられる。収容中の遺体も北朝鮮側へ引き渡される見通し。





      http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/281161

      北朝鮮の漂流船員3人が出国 日朝合意、中国経由帰国へ

      2012年1月9日 16:46
      帰国のため海上保安本部の巡視船からヘリで移送される、島根県・隠岐島近海で見つかった北朝鮮の漂流船の生存乗組員ら=9日午前11時13分、鳥取県境港市沖

       日本、北朝鮮両政府は9日、島根県・隠岐島近海で見つかった北朝鮮の漂流船の生存乗組員3人を帰国させることで合意した。3人は同日、鳥取県境港市沖に停泊中の巡視船を出て、福岡空港から大連経由で北京に向け出国した。

       日本の領海内で、北朝鮮の遭難者を保護したのは初のケース。3人とも帰国を求めていることから、日本政府は人道的見地から遭難者として速やかに帰国手続きを取るのが望ましいと判断した。

       船内で見つかった1遺体は、当面、境港市の境海上保安部に安置。今後の取り扱いは「分からない」(同海保)としている。








      | NNL2 | 日本の対韓・対北朝鮮姿勢 | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      北朝鮮乗組員 引き続き聴取
      0
        http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/news/20120108-OYT8T00686.htm 

        北朝鮮乗組員 引き続き聴取

         島根県・隠岐諸島沖で北朝鮮から来たとみられる木造船が発見された問題で、第8管区海上保安本部(京都府舞鶴市)などは、8日も巡視船で乗組員3人に対する事情聴取を行った。

         境海上保安部などによると、3人は午前6時45分頃に起床、いずれも体調に変化はなく、朝食を食べた。聴取は海上保安官や法務省入国管理局の職員らが同10時50分頃から午後3時頃まで行い、3人はその後、交代で初めてシャワーを浴びたという。今後の予定について、海上保安庁は「関係省庁が帰国の方法を検討しており、分からない」とした。

         一方、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)県本部の関係者が7、8日に境海上保安部を訪れ、乗組員3人を早期に北朝鮮に帰国させることなどを申し入れ、下着と衣類を差し入れた。

        2012年1月9日  読売新聞)





        http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120109k0000m040108000c.html


        北朝鮮漂流船:乗組員「金正日総書記死去は知らず」と話す

        海上保安庁の職員が乗り込み、巡視艇にえい航される不審船(右)=島根県隠岐の島町沖で2012年1月6日午後4時47分、本社機から幾島健太郎撮影
        海上保安庁の職員が乗り込み、巡視艇にえい航される不審船(右)=島根県隠岐の島町沖で2012年1月6日午後4時47分、本社機から幾島健太郎撮影

         島根県の隠岐諸島沖で見つかった北朝鮮の漂流船の男性乗組員3人が、「昨年12月12日に漁のため出港した。将軍様(金正日<キム・ジョンイル>総書記)が亡くなったのも(保護されるまで)知らなかった」と事情聴取した海上保安庁に話していることが、関係者への取材で分かった。

         同庁によると、3人は漁の途中でエンジンが故障して漂流したと説明。乗っていた木造船にはGPS(全地球測位システム)はあったが、漁具はなかった。金総書記の死去が北朝鮮の国営メディアで発表されたのは12月19日だった。

         保護された3人は帰国を希望しているとされ、同庁は8日も鳥取県境港市沖に停泊している巡視船内で事情を聴いた。

        毎日新聞 2012年1月9日 2時30分(最終更新 1月9日 3時01分)

        | NNL2 | 日本の対韓・対北朝鮮姿勢 | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        北朝鮮漂流船:隠岐の島沖で発見 「情報共有徹底を」 県が危機管理連絡会議 /島根
        0
          http://mainichi.jp/area/shimane/news/20120107ddlk32040554000c.html 

          北朝鮮漂流船:隠岐の島沖で発見 「情報共有徹底を」 県が危機管理連絡会議 /島根

           隠岐の島町沖で北朝鮮からとみられる不審船が発見されたことを受け、県は6日午後5時すぎから、県庁内の各課と県警本部で構成する危機管理連絡会議を開催。沿岸にある県内各市町村と各消防本部に、県が把握する情報を提供したことを報告するとともに、大国羊一危機管理監が各課へ情報収集を指示した。

           同会議は北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記が死去した際にも開催されたばかり。大国危機管理監は会議終了後、「詳細な情報はまだ把握していないが、(金正日総書記死去と)関係がある可能性もある。情報共有の徹底を図りたい」と話した。

           一方、発見現場に近い同町では、住民たちが不安で騒然としていた。那久漁港近くに住む会社員の男性(65)は「最近はしけが続いているので、あの船でよく転覆せずにここまで来ることができたものだと思った。こんなことはめったにない」と驚いていた。【曽根田和久、目野創】

          | NNL2 | 日本の対韓・対北朝鮮姿勢 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          小型木造船、不可解な漂流 隠岐の不審船
          0
            http://sankei.jp.msn.com/world/news/120106/kor12010623280009-n1.htm 

            小型木造船、不可解な漂流 隠岐の不審船

            2012.1.6 23:26 (1/2ページ)北朝鮮
            島根県隠岐島沖で発見された不審船=6日午後4時4分、島根県の隠岐島沖(本社ヘリから、渡守麻衣撮影)

            島根県隠岐島沖で発見された不審船=6日午後4時4分、島根県の隠岐島沖(本社ヘリから、渡守麻衣撮影)

             「こんな荒れた海を出港するとはあまりに無謀。自殺行為に等しい」。海上警備に詳しい政府関係者はこういぶかる。「冬場に北朝鮮から船が漂流してくるとは日本にとって想定外だ」

             冬の日本海はしけが激しく、今回見つかったような小型木造船で出漁することはないという。昨年9月に石川県沖で脱北者の家族ら9人が保護されたケースでも海がしける前の時期を狙って出港したとみられている。

             日本政府の事情聴取に脱北者らも「海が荒れる冬に漁をすることは絶対ない」と断言したという。

             他にも不可解な点が浮かぶ。陸近くに漂流すれば、荒れた海を避けて上陸するものだが、今回の船はいかりを下ろし、波にもまれるままとどまっていた。

             別の関係者は「見つけてもらうまで待っていたのか」と首をひねる。「日本上陸が発覚して帰国後に北朝鮮当局から追及されるのを恐れたのではないか」とみる関係者もいる。

             朝鮮半島情報筋によると、北朝鮮では、中規模の木造母船が小型船を沖まで先導し、イカ漁などをすることもあるといい、同筋は「どこかに母船がいた可能性もある」と推測する。

             ただ、別の情報筋は「冬は海が荒れる上、この種の木造船は転覆しやすく、工作員とは考えにくい」と日本への潜伏などの工作活動目的だった可能性は薄いとの見方を示す。


             一方、日本政府は難しい対応を迫られることになる。国交があれば一時保護し、本国に送り返せば済むが、北朝鮮とは国交がない。想定されるのが、北朝鮮の外交窓口ともなっている在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)を通じて北朝鮮に連絡し対応を決めるか、中国や韓国など第三国経由で送還するかだ。

             「脱北でなく、事故での漂流となれば前例がない。金正日総書記が死去した微妙な時期だけに日本政府は難題を抱え込んだことになる」と政府関係者は話す。(桜井紀雄)











            | NNL2 | 日本の対韓・対北朝鮮姿勢 | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            領海警備の難しさ露呈 北不審船
            0
               http://sankei.jp.msn.com/world/news/120107/kor12010700130000-n2.htm

              領海警備の難しさ露呈 北不審船

              2012.1.7 00:10
              島根県隠岐島沖で発見された不審船=6日午後4時4分、島根県の隠岐島沖(本社ヘリから、渡守麻衣撮影)

              島根県隠岐島沖で発見された不審船=6日午後4時4分、島根県の隠岐島沖(本社ヘリから、渡守麻衣撮影)

               島根県隠岐島沖の不審船漂着は、北朝鮮の指導体制が代わった直後ということもあり、海上保安庁や官邸に緊張が走った。乗組員らは「エンジントラブルで漂着した」と説明しているが、いまのところ裏付けはなく、密航や「偽装漂流」だった可能性は完全に捨てきれない。遭難者だとしても、海岸からわずか1キロまで不審船の侵入を許しており、領海警備の難しさを改めて突きつけられた格好だ。

               海上保安庁では、県警から連絡があった正午前から確認作業に追われた。3人の乗船が判明し、脱北者の可能性が出てきた後は官邸とも頻繁に連絡を取り合って対応を協議。脱北者でない可能性が高まったが、終日緊張に包まれた。

               課題も浮き彫りになった。海保は、金正日総書記の死亡に伴い、金正(ジョン)恩(ウン)氏の新体制になったことを受け、脱北船の漂着などを想定し、日本海沿岸部のパトロールを強化していた。

               しかし、小型の木造船は、波間に隠れたり、木材が電波を吸収したりして、巡視船のレーダーでは捕捉できないのが実情。昨年9月の石川県の能登半島沖では漁船が脱北船を発見したが、今回も地元住民の通報がなければ上陸されていた可能性もあった。



               海保の幹部は「工作船などしっかりした船ならばレーダーで捕捉できるが、小型木造船の捕捉は限界がある。巡視船を増やすのは現状では難しく、引き続きパトロールを強化するほか、漁協などに協力を求めていくしかない」と話す。

               今後の身柄の処遇についても課題がある。冬場は海が荒れるため、海保の巡視船などで長時間保護するよりも、いったん上陸させるのが望ましいと政府関係者はみている。

               昨年9月に石川県沖で保護された脱北者9人については、20日間以上日本の施設などに留め置き、入国管理局や警察当局が事情聴取を重ねた。

               「偽装漂流も考えられ事情聴取する必要があるが、今回は『脱北ではない』と言っているだけに長時間留め置くと、北朝鮮側が過剰反応することも想定される」と政府関係者は話している。

               北朝鮮からの難民を支援する「北朝鮮難民救援基金」の加藤博理事長の話「金正恩氏への権力継承が進み、当面、体制の変化はないとみられるが、北朝鮮では食糧事情が悪化している。今回のケースは違うとされるが、今後、脱北者は増えていくだろう。軍内部でも食糧不足が進んでおり、小隊、中隊規模で脱北する事態も起こるかもしれない。北朝鮮は金正日総書記の死去以降、中国との国境警備を強化しており、脱北者が射殺されたケースもある。中国側も警戒を強めており、コントロールが厳しい陸路を避けて、海から逃げる脱北者が多くなる可能性もある」








              | NNL2 | 日本の対韓・対北朝鮮姿勢 | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              隠岐の不審船「エンジン壊れ漂流」 乗船者話す、船内から1遺体
              0
                http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120106/crm12010619070020-n1.htm 

                隠岐の不審船「エンジン壊れ漂流」 乗船者話す、船内から1遺体

                2012.1.6 19:05 北朝鮮
                島根県隠岐島沖で発見された不審船=6日午後4時4分、島根県の隠岐島沖(本社ヘリから、渡守麻衣撮影)

                島根県隠岐島沖で発見された不審船=6日午後4時4分、島根県の隠岐島沖(本社ヘリから、渡守麻衣撮影)

                 島根県隠岐島沖の日本海で6日午前に見つかった不審船について、第8管区海上保安部(京都府舞鶴市)の巡視船と航空機が隠岐島沖合約1キロ付近の海上で、男性3人が乗った木造の小型船を確認した。

                 同保安部によると、男性らは「漁をしていて、エンジンが壊れたため漂流していた」などと話しているといい、船内からは遺体一体が発見されたという。漁船にはハングル文字が書かれていた。

                 同保安部は今後、巡視船に乗船者を移して詳しく事情を聴く方針。

                | NNL2 | 日本の対韓・対北朝鮮姿勢 | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                隠岐の不審船「脱北ではなく遭難」 政府高官
                0
                  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120106/plc12010616120015-n1.htm 

                  隠岐の不審船「脱北ではなく遭難」 政府高官

                  2012.1.6 16:11 北朝鮮
                  島根県隠岐島沖で発見された不審船=6日午後4時4分、島根県の隠岐島沖(本社ヘリから、渡守麻衣撮影)

                  島根県隠岐島沖で発見された不審船=6日午後4時4分、島根県の隠岐島沖(本社ヘリから、渡守麻衣撮影)

                   政府高官は6日午後、島根県・隠岐諸島の隠岐の島周辺で不審船に乗った脱北者とみられる3人が見つかった問題で、「(3人は)脱北者ではなく、遭難したようだ」と述べた。3人の国籍はなお不明だが、同高官は、北朝鮮出身者であることを示唆した。

                  | NNL2 | 日本の対韓・対北朝鮮姿勢 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  隠岐島周辺に不審船 数人乗船、脱北者か 船体にハングル
                  0
                    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120106/crm12010614290012-n1.htm 

                    隠岐島周辺に不審船 数人乗船、脱北者か 船体にハングル

                    2012.1.6 14:27

                     島根県・隠岐島に近い海域で6日、不審な船がいると警察を通じて海上保安庁に通報があった。海保が乗っていた数人から事情を聴いているもよう。

                     政府関係者によると、船体にはハングルが書かれていた。海上保安庁などは北朝鮮からの脱出者が乗っている可能性があるとみている。船は小型の木造船1隻で、いかりを下ろしていたという。

                     昨年9月には、石川県・能登半島沖の日本海で木造船に乗った脱北者の男女9人が保護されている。

                    | NNL2 | 日本の対韓・対北朝鮮姿勢 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                        123
                    45678910
                    11121314151617
                    18192021222324
                    252627282930 
                    << June 2017 >>
                    + PR
                    + SELECTED ENTRIES
                    + RECENT COMMENTS
                    + RECENT TRACKBACK
                    + CATEGORIES
                    + ARCHIVES
                    + MOBILE
                    qrcode
                    + LINKS
                    + PROFILE