NIPPON NEWS LOG

重要記事収集サイト
サムスン系列の名門特級ホテルで雨漏り 救いがたいOINK共和国
0

    【新・悪韓論】

    サムスン系列の名門特級ホテルで雨漏り

     救いがたいOINK共和国
    (1/2ページ)


    2013.08.15


    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130815/frn1308150735000-n1.htm

    「OINK」って何??

    オンリー・イン・コリアの略=韓国でしかあり得ないこと

     

     このところの韓国も、しばしばゲリラ豪雨に見舞われる。8月6日にソウル地方を襲ったゲリラ豪雨は特に激しかったようで、韓国紙には真昼なのに真夜中のようになったソウル中心部の写真が載っている。


     その時のことだ。835億ウォン(73億円相当)を投じたリニューアル工事が完了して、8月1日に新装オープンしたばかりの名門「新羅(シルラ)ホテル」の最上階で異変が起きた。

     朝鮮日報(8月7日)が伝えている。

     「最上階の23階で雨漏りが起き、フロア全体が閉鎖される騒動が発生した」

     「ホテル側は雨漏りを確認するとすぐに雨受けのバケツなどを床に並べ、客をフロアから避難させて23階を閉鎖した」

     「ホテル側は雨漏りの原因について、短時間に大雨が降り、屋上から外に雨水を排出する排水管に問題が生じたためと説明している。雨漏りが続いたため、午後6時から営業を開始する23階のレストラン2店舗は休業を余儀なくされた」

     排水管の能力を超える雨量があった。そのため屋上がプール状態になった。そこまでは分かるが、だからといって、最上階の天井から雨水がポタポタとはどういうことか。まして、サムスングループに属する名門特級ホテルで…。

     これは単なる手抜き工事ではなく、構造の設計段階からの問題だろう。設計も施工も、もちろんサムスン系列の企業だろうが、名門特級ホテルで雨漏りとは、これぞOINK(オンリー・イン・コリアの略=韓国でしかあり得ないこと)だ。



     釜山(プサン)国際映画祭といえば、アジアで有数の映画の見本市だが、ここでも肝心な時に雨漏りがあった。

     釜山市は2011年に同市のリゾート区域である海雲台(ヘウンデ)に「映画の殿堂」という名前の巨大な施設を建てた。もっぱら同映画祭のためだ。地下1階、地上9階。総工費は1679億ウォン(150億円相当)というから半端でない。

     同年9月29日にオープンして、10月14日が第16回映画祭の開幕式。その日、30ミリの雨が降った。すると、至る所で雨漏り、あるいは窓サッシの隙間から雨が吹き込んだ。

     主催者は怒髪衝天だが、施工した韓進重工業(ハンジンジュンゴンオップ)はこう言っている。

     「屋根や窓枠の継ぎ目部分の仕上工事が完了しておらず…構造的欠陥ではないため、映画祭終了後に補強工事をすれば問題ないはず」(朝鮮日報、11年10月15日)。

     オープンから開幕式までの間に、なぜ仕上工事をしなかったのか。理由は知れず、ただ救いがたいOINK共和国であることは間違いなさそうだ。


     ■室谷克実(むろたに・かつみ)  1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活 動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「日韓がタブーにする半島の歴史」(新潮新書)、「悪韓論」(同)などがある。

     

    | NNL | 韓国・北朝鮮−統一問題− | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    改めて閣僚級対話の用意表明 韓国、南北宣言履行論議も
    0
       http://sankei.jp.msn.com/world/news/120207/kor12020722210004-n1.htm

      改めて閣僚級対話の用意表明 韓国、南北宣言履行論議も

      2012.2.7 22:21

       韓国統一省の金千植次官は7日、韓国と北朝鮮の関係改善のためには「責任ある当局者による対話が必要だ」と述べ、閣僚級の南北対話を行う用意があることをあらためて表明した。外国メディアとの懇談会で語った。

       金次官は、対話では北朝鮮が要求する金大中、盧武鉉両政権時代の二つの南北宣言の履行問題も論議できると強調し、北朝鮮に前向きな対応を促した。

       一方で北朝鮮の新指導者、金正恩氏の新体制始動後も続く李明博政権非難を中止するよう強く求めた。

       同席した統一省の金基雄情勢分析局長は新体制に関し「(現時点で)特別な問題点は見つかっていない」と指摘。北朝鮮が国民の支持獲得のため全国レベルの配給制復活を狙っているとの見方が一部で出ていることについては「容易ではない」と語った。(共同)

      | NNL | 韓国・北朝鮮−統一問題− | 23:58 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
      朴世逸氏、ハンナラ党新政綱の対北政策を批判
      0
         http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/02/01/2012020100641.html

        朴世逸氏、ハンナラ党新政綱の対北政策を批判

         新党「国民の考え」(仮称)の結成を推進している朴世逸(パク・セイル)韓半島(朝鮮半島)先進化財団理事長は先月31日「ハンナラ 党の新政綱・政策の対北朝鮮政策には、北朝鮮の体制を変化させる意図も、そうした夢もないように見える。統一政策ならざる分断管理政策に過ぎない」と語っ た。

         朴理事長は31日、ソウル市内のプレスセンターで行われた韓半島先進化財団主催のセミナー「韓半島の未来と国家戦略」で朝食講演を行い「これは対北朝鮮政策の柔軟化ではなく、無原則に過ぎない」という趣旨の発言を行った。

          また朴理事長は、ハンナラ党が「先進化」にかわる新たなスローガンとして提示した「国民幸福国家」について「先進化には歴史的な使命という意識があるが、 国民の幸福はとにかく国民を喜ばせる用語で、方向性がない概念。このようなものが出てくるのは、哲学の貧困、価値の貧困のため」と語った。朴理事長は 2004年、当時の朴槿恵(パク・クンヘ)ハンナラ党代表によって比例代表の議員として迎え入れられ、同党が目指す目標として「先進化」という用語を作り 出した人物でもある。

         朴理事長は、ハンナラ党で進められている刷新作業について「自ら“保守”の価値を恥じ、進歩のまねをしているが、朴槿恵・非常対策委員長はじめ現在と過去の党指導部が、韓国国民の前で伏して処罰を待つところから始めなければならない」と語った。

         朴理事長は、新党結成の日程について「来月13日に全党大会を開き、中央党を結成する。私たちが保守を分裂させるのではなく、ハンナラ党が保守の価値を破壊している」と語った。

        宣政敏(ソン・ジョンミン)記者
        | NNL | 韓国・北朝鮮−統一問題− | 08:59 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
        朝鮮半島の統一、中国の立場は?
        0
           http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/01/23/2012012300108.html

          朝鮮半島の統一、中国の立場は?

          朱鋒・北京大教授インタビュー

           「韓半島(朝鮮半島)の統一に対する歴史的な選択は終わった。歴史は北朝鮮ではなく韓国を選択した。中国の立場で最大の関心事は、統一の過程で韓国が中国の安全保障上の利益をどれだけ尊重するかだ」

           北京大の朱鋒・国際関係学院教授は先月29日、本紙のインタビューに応じ「韓国は周辺国に統一後の北東アジアの安全保障に関するビジョンを示すべきだ」と訴えた。朱教授は金正日(キム・ジョンイル)総書記死去後の韓半島情勢について「社会主義国の最高指導者の死は大きな変化をもたらすケースが多かった。6カ国協議の当事者は、北朝鮮の核放棄と改革開放に向け、第2のジュネーブ合意を準備すべきだ」と述べた。朱教授は中国で代表的な知韓派として知られ、中国指導部の外交政策に助言を行う北京大国際戦略研究センターの副所長も務めている。

          ―中国は韓半島の統一に反対するとの見方が多い。

           「韓国主導の韓半島統一は既に議論の必要がない問題だ。それに関する歴史的な選択は終了した。中国の専門家の角度から言えば、最大の関心事は韓半島の統一過程で、韓国が中国の安全保障上の懸念を考慮し、相互協力の下で統一の道に向かうか否かだ。中国の利益が尊重されるかどうかということだ」

          ―韓半島の統一は、中国にどんな戦略的利益をもたらすか。

           「少なくとも北朝鮮の核兵器を除去する一つの方法になり得るという側面で、戦略的な利益がある。ただし、統一後の韓中関係については、(統一後の韓国を)脅威ととらえる見方が多い。統一後の韓国の規模は依然として中国に比べれば小さい。個人的には脅威という見方には同意しない。しかし、懸念する部分はある。(韓国の)民族主義心理が過度に高まり、(中国東北部の)間島地方などで領土紛争が起きる可能性がある点だ」

          ―統一以降の米軍駐留問題をどう見るか。

           「在韓米軍は減少するはずだ。現在は韓国戦争(朝鮮戦争)の時代とは異なる。先端兵器が使われる現代戦で、(米国が)在韓米軍を増強し、中国をけん制しても意味がない。米国はなぜオーストラリア北部のダーウィンに軍事基地を置いたのか。統一後の鴨緑江沿いに米軍を駐留させることは、米国の国益にかなわない。(中国と近い)韓半島に駐留する米軍は、有事の際に中国から壊滅的打撃を受ける可能性がある」

           「それでも中国国民が統一後の韓米同盟強化を懸念するのは、韓国政府が統一後の北東アジアの安全保障と周辺国関係に関する明確な立場を表明していないからだ。ドイツは統一当時、英国とフランスに対し『統一後も欧州連合(EU)にとどまり、平和的な役割を引き続き担う』と保証した。中国国民は韓国がなぜ統一しようとしているのか、統一後の北東アジアの安全保障がどうなるのかをよく分かっていない」

          北京=崔有植(チェ・ユシク)特派員
          | NNL | 韓国・北朝鮮−統一問題− | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          姜在渉議員 「盧大統領は国家アイデンティティーを守るべき」
          0
            姜在渉議員「盧大統領は国家アイデンティティーを守るべき」

            http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=68601&servcode=200§code=200

            ハンナラ党の姜在渉(カン・ジェソップ)院内代表は14日、国会の交渉団体代表演説で、「姜禎求(カン・ジョング)教授を救うために総動員される政権、この国の法秩序を根本から揺るがす法務長官、国を守る殉国烈士を侮辱する一部の勢力が国民大統合を阻害している」と批判した。
            (馬場参考:殉国烈士については http://www.lifeinkorea.com/cgi-bin/travel2j.cfm?TravelID=335 を参考にして下さい)
            姜代表は盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領に対し、「大韓民国のアイデンティティーを守ってほしい。 過去清算という名でこれ以上、大韓民国の歴史を歪曲するのはやめてほしい」と要求した。

            姜代表はこの日の演説で、「北朝鮮に平和の道を選択させ、‘韓半島経済共同体’建設という遠大な構想を準備しなければならない」とし、「韓国坡州地域から開城(ケソン)工業団地を含め、北朝鮮の海州(ヘジュ)地域を連結する‘統一経済特区’をつくろう」と提案した。

            姜代表は「この地域はソウル・平壌(ピョンヤン)・仁川(インチョン)国際空港から地理的に接近しやすく、物流移動の拠点の役割をする」とし、「政府・企業・国会が参加する仮称‘統一経済特区推進委’を構成しよう」と述べた。

            金正河(キム・ジョンハ)記者


            金容甲議員「北の労働党と連立政府しようということか」

            http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=68622&servcode=200§code=200

            野党ハンナラ党・金容甲(キム・ヨンガップ)議員は14日、与党「開かれたウリ党」(ウリ党=「わが党」との意)の文喜相(ムン・ヒサン)議長が前日の交渉団体・代表演説で、ウリ党と北朝鮮・朝鮮労働党の交流を提案したことについて「労働党と連立政府でもしたい、ということなのか」とし、厳しく批判した。

            金議員は、自身のオフィシャルサイトに掲載した文で「韓国憲法は、労働党について、北朝鮮を強制占領している反国家団体、と定義付けている」とし「そうした労働党と『党対党』の交流をしたい、というのは常識はずれなもので納得いかない」と主張した。同議員は「次回には、労働党と連立政府をしたい、との声が上がってこないものか、懸念されるところ」とし「あちこちへ連立政府を、物乞いをするように求めていたが、北朝鮮でパートナーを探すことにしたのか、という気さえする」と皮肉った。
            2005.10.14 20:47:03

            <馬場>
            韓国の中央日報の記事からの転載である。韓国には「国を守る殉国烈士を侮辱する」という言葉が残っているのを見てホッとした。
            これが普通の国と普通の人間の考え方なのである
            国を守った者が尊敬されない国家や社会というものは、人間社会として奇形であり、いずれ滅亡せざるを得ない。
            日本の少子化、或いは国勢の衰退といった問題は、現在の日本が人為社会、人間が人間本来の心を失い人間中心に勝手に作り上げた社会であることから来ているのである。
            これを是正して、人間の自然な心を取り戻せば、日本は人間本来のイキイキとした社会に戻る事が出来る。
            それが今の日本に最も必用なことである。

            ウリ党と北朝鮮・朝鮮労働党の交流を提案したことについて「労働党と連立政府でもしたい、ということなのか」と厳しく批判したとい記事についてだが、私は常々韓国は結局は何を置いても北朝鮮と一緒になりたいのだという疑念をもっている。その為には日本や米国のことは切り捨てることが出来ると思っているのではないか。とすれば、日本はその彼の可能性を十分に認識した上で、韓国との交際を覚めた眼で冷静に見守らないと、我が国の安全保障が一気に危うい事態に陥りかねないことを忘れてはならない。
            | NNL2 | 韓国・北朝鮮−統一問題− | 09:04 | - | - | - | - |
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << April 2017 >>
            + PR
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + RECENT TRACKBACK
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE