NIPPON NEWS LOG

重要記事収集サイト
「韓日歴史教育のトリガー」になった防弾少年団の日本番組出演見送り
0

    「韓日歴史教育のトリガー」になった

       防弾少年団の日本番組出演見送り(1)

     

    2018年11月12日16時12分
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

     

    https://japanese.joins.com/article/031/247031.html?servcode=700&sectcode=740

     

      韓国の人気男性グループ防弾少年団(BTS)が経済効果を越えて歴史教育の拡散という歴代級の波及力を見せている。日本の放送局テレビ朝日の音楽番組の出演取りやめの余波が、逆説的に過去−現在の韓日関係を改めて点検することになった。

      防弾少年団は今月10日午後、ドームツアーのために日本に向けて出発した。当初、8日午後に出国する予定だったが、日本の人気音楽番組であるテレビ朝日の『ミュージックステーション(Mステ)』が、9日に予定された生放送の前日に出演の見送りを通知し、2日長く韓国にとどまることになった。その理由についてテレビ朝日は「以前にメンバーが着用されていたTシャツのデザインが波紋を呼んでいると一部で報道されており、番組としてその着用の意図をお尋ねするなど、所属レコード会社と協議を進めてきた」とし「当社として総合的に判断した結果、残念ながら今回はご出演を見送ることとなった」と説明した。

      彼らが問題視したTシャツは、昨年ある放送でジミンが着たもので、光復節(解放記念日)を記念したデザインだ。原爆投下の場面と人々が光復(解放)を迎えて万歳を叫ぶ姿がプリントされている。英語で「愛国心」「私たちの歴史」「解放」などが書かれている。TシャツをデザインしたLJカンパニーのイ・クァンジェ代表は「反日感情と日本に対する報復のために作製したデザインではなかった」としながら「原爆が投下されて日本の無条件降伏により光復がもたらされたという歴史的な事実と順序を表現するためのものだった」と説明した。

      ◆2012年再び?

      防弾少年団は今回の放送番組だけではなく、年末まで日本の放送局への出入りが難しくなった。フジテレビ『FNS歌謡祭』は出演を打診したものの撤回し、テレビ朝日『ミュージックステーションスーパーライブ』は出演検討を白紙化した。多くの韓流スターが経た現地の年末最大ショーであるNHK『紅白歌合戦』も出演が見送られた状態だ。

      日本のこのような報復措置は過去にもあった。2011年にはキム・テヒ主演の日本ドラマ『僕とスターの99日』反対デモが開かれた。キム・テヒが2005年に「独島(ドクト、日本名・竹島)は私たちの土地」というTシャツを着て独島愛キャンペーンを繰り広げていたというのが理由だった。2012年には李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島訪問と天皇の謝罪要求公開発言などで韓日関係が急速に冷え込んだ。反韓感情が高まり、韓流スターの現地イベントが中止になったほか、K−POP歌手へのオファーが減り、日本の地上波では韓国ドラマの放映を中断された。『紅白歌合戦』はそれから2016年まで韓国歌手の出演を排除してきた。だが、K−POPの人気が再び盛り上がり、昨年はTWICE(トゥワイス)が4年の空白を破って出演し、話題をさらったことがある。現地

      エージェンシー側は「その時ほどの反韓の動きはないが、年末までは見守るべきだ。今年、K−POPの人気が最大化して、さまざまなイベントがすでに数多く組まれ、両国のエンタメ事業協業の規模も大きくなった状況なので、日本放送番組への出演禁止事態はこれ以上拡大しないと考える」と分析した。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ---------------------------------------------

     

    「韓日歴史教育のトリガー」になった

           防弾少年団の日本番組出演見送り(2)

     

     

    2018年11月12日16時12分
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

     

    https://japanese.joins.com/article/032/247032.html?servcode=700&sectcode=740

     

    ◆日本国内でも交錯する反応

      現地でも防弾少年団の突然のMステ出演取りやめに対する関心が高い。オンラインサイトの指向によって、投稿コメントの反応は擁護から反論までさまざまだ。右翼指向メディアはジミンのTシャツを「原爆Tシャツ」と称し、代表右翼メディアの東京スポーツは「あまりに非常識!韓国の人気K−POPグループ『防弾少年団(BTS)』の“反日活動”が同国内で絶賛されている」とし「韓国を代表するグループが、その原爆の写真をプリントしたTシャツを着て日本人の神経を逆なでする。自国の歴史に対する根強いコンプレックスが表れている」と一方的な非難記事を収録した。医者でタレントの高須克弥氏は「放置した韓国政府に謝罪を要求すべきだ」というあきれる主張を展開した。

      反面、日本の一部のARMY(防弾少年団のファンクラブ)は防弾少年団に謝り「ちゃんとニュースを報道して」と自国メディアを批判した。また、SNSを通じて「#LiberationTshirtNotBombTshirt(原爆Tシャツではない光復Tシャツ)」「#RealReasonWhyJPNTVcancelled(日本放送局が取りやめた本当の理由)」という歴史意識訂正ハッシュタグキャンペーンに参加し、「日本は原爆によって多くの犠牲者を抱えているが、韓国は数年間の日帝強占期にもっと多くの犠牲を払った」という内容を韓国語や英語など各国の言語に翻訳してシェアしている。現地の一部メディアは今回の防弾少年団の出演中止はネット右翼の団体行動によって起きたものだと分析した。

      英国や米国など世界のメディアも今回の事態を集中的に扱った。音楽専門メディアのビルボードは、防弾少年団の日本放送番組の出演についていち早く報じ、米国のCNNは「韓国と日本はともに第2次世界大戦の遺産に対して特に敏感だ」としながら「韓半島は1910年から1945年まで日本の支配を受け、第2次大戦で日本が負けて独立することができた。数百万の韓国人が日本支配中に苦痛を強いられ、彼らに対する問題はいまだに東京とソウルの関係に影響を及ぼしている」と詳細に報道した。また「一方、日本は広島と長崎への原爆投下を受け、第2次大戦末に20万人以上の人々が死亡した」として両側の立場を紹介した。英国BBCはジミンのTシャツのフレーズとこれに対するネットユーザーの反応を扱った。韓国広報専門家として活動中の徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信(ソンシン)女子大学校教授は「日本が防弾少年団の放送出演を阻み、極右メディアでこのような状況を報道するのは、それこそ『最悪のダメヅマリ』になっているのだと考える」とし「CNN、BBCなどの世界的なメディアに今回の状況がすべて報道されたことで、かえって世界の若者ファンに『日本は戦犯国』という事実を確実に刻印させる契機になったため」と伝えた。

      ◆政界も巻き込んで

      防弾少年団としては、当面の日本スケジュール中止は特に残念なことでもない。ぎっしりと埋まったグローバルスケジュールで忙しく飛び回っていて、日本ドームツアーは38万席が完売していて闇チケット市場でも高価で取引されている。むしろ中止問題を起こした日本が逆風を受けている状況だ。韓日関係に対する国際的な関心が高まり、関連のグーグル検索量も格段に増えた。米国グーグルページに「Why」だけ入力してもBTSが自動で出てきて、関連検索語では「Why did japan invaded korea?」(なぜ日本が韓国を侵略したのか)が紐付けられ、出演中止に対する関心が歴史的関心につながっている。

      韓国政界も今回の日本の報復性措置に声を高めた。大法院(最高裁に相当)が日帝強制徴用被害者が日本戦犯企業を相手に起こした損害賠償請求訴訟で原告勝訴の確定判決を下した決定に反発し、防弾少年団を通した文化界の報復を行っているのではないかという指摘だ。洪翼杓(ホン・イクピョ)共に民主党首席報道官は口頭論評で「政治的な理由で防弾少年団の番組出演を見送ったことは非常に遺憾で不適切なことだ。民間交流にたびたび政治的なものさしを持ち込むのは韓日関係に役立たない」とし「日本は未来志向の韓日関係のためにより成熟した姿を見せてほしい」と強調した。自由韓国党の尹永碩(ユン・ヨンソク)首席報道官は「日本の自己中心的な歴史認識と偏狭な文化相対主義に対して深い遺憾を表す。日本政府は放送の掌握を通した韓流殺しは世界的な嘲弄の対象になるだけだということを肝に銘じよ」とし「メンバーの1人が着たTシャツだけで出演を見送ったことは日本の文化的低級さを端的に示している」と論評した。正しい未来党のキム・ジョンファ報道官は「日本の破廉恥には底がない。居直りも行き過ぎる」とし、民主平和党のパク・ジュヒョン首席報道官も「日本が戦犯国であることを世界にさらに広報するだけだ。日本は偏狭な過去隠しから抜け出せ」と明らかにした。

      防弾少年団は今回の事態とは関係がなく、現地での人気を誇っている。7日に9枚目のシングル『FAKE LOVE/Airplane pt.2』リリース直後、オリコン・デイリーランキングのシングル部門で首位に立ち、現地グッズも飛ぶように売れている。13日と14日の東京ドーム公演を皮切りに、21日・23日・24日京セラドーム大阪、来年1月12日・13日ナゴヤドーム、2月16日・17日福岡ヤフオク!ドームまで「BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF’ 〜JAPAN EDITION〜」を開催する。
    ---------------------------------------------

    防弾少年団の所属事務所、

       韓国の原爆被害者を訪れて直接謝罪

     

     

    2018年11月16日16時46分
    [ⓒ 中央日報日本語版]

      韓国アイドルグループ防弾少年団の所属事務所Big Hitエンターテインメントが韓国慶南陜川(キョンナム・ハプチョン)の原爆被害者を訪れて謝罪した。

      韓国通信社の聯合ニュースによると、Big Hit関係者は16日午後1時ごろ、陜川原爆資料館で韓国原爆被害者協会の関係者約10人に会って非公開懇談会を開き、謝罪の意を明らかにした。

      この関係者は懇談会で「被害者の方々の心に傷つけた部分がある可能性もあり、直接訪ねて申し上げるのが道理だと考えた。意図したわけではないが(原爆投下場面がプリントされたTシャツで)傷つかれた方々がいれば、心よりお詫び申し上げる」として頭を下げたことが分かった。

      日本メディアの東京スポーツは先月26日、「韓国・防弾少年団(BTS)の非常識『原爆Tシャツ』 リーダーは日本批判ツイート」というタイトルの記事を掲載した。このメディアは、メンバーのジミン(23)が韓国のネットニュースを通じて光復節(解放記念日)記念に原爆Tシャツを着ていることが公開されたことに対して「あまりに非常識」とし「反日活動」をしていると伝えた。

      これを受け、 Big Hitエンターテインメントは13日、フェイスブックを通じてコメントを出して「(Big Hitは)原爆投下により被害に遭われた方を傷つける意図は一切なく、今後もないことを明らかにする」と伝えた。
    ---------------------------------------------

    ユダヤ人団体、防弾少年団に

    「ナチス帽子・原爆Tシャツ謝罪を」

     

     

    2018年11月13日09時36分
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

     

    https://japanese.joins.com/article/047/247047.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|article|related

      米国ユダヤ人人権団体が防弾少年団(BTS)に対して過去にナチス親衛隊(SS)の徽章が装飾された帽子をかぶっていたとし、遅まきながら謝罪を要求した。

      米国ロサンゼルス(LA)に本部を置くサイモン・ウィーゼンタール・センター(Simon Wiesenthal Center、SWC)副所長のエーブラハム・クーパー氏は11日(現地時間)、公式サイトに声明を掲載してこのように明かした。クーパー氏はジミンのTシャツを「長崎原爆犠牲者をあざ笑うTシャツ」と厳しく批判した後、「今回のこと(Tシャツ着用)はこのバンドが過去をあざ笑った最近の出来事にすぎない(just the latest incident of this band mocking the past)」と指摘した。

      声明は引き続き、メンバーがナチスSSの象徴が縫い取られた帽子をかぶって写真撮影に臨んだことがあり、コンサートにはナチスのスワスティカ(まんじ)に「不気味なほど似ている(eerily similar)」旗が登場したと指摘した。クーパー氏は「国連の演説者として招かれたこのグループが日本とナチズムの犠牲者に謝罪すべきであることはあえて語るべきことでもない」とした。

      メンバーRMがかぶっている帽子の前方中央にはナチスのシンボルマークであるハーケンクロイツが縫い込まれている。この帽子はBTSではなくスタイリストの所蔵品であることが分かった。これに対し、ファンは写真集の撮影現場でさまざまなアクセサリーや帽子を身につけるが、そこまで確認できなかったと説明した。当時、海外でしばらく論争になり雑誌会社と所属事務所側が謝罪をし、その時の写真をすべて削除したと明らかにした。

      サイモン・ウィーゼンタール・センターが声明で取り上げた旗は、画一的な教育システムを批判した90年代の韓国男性3人組アイドル「ソテジワアイドゥル」の3rdアルバム収録曲『教室イデア』のロゴだという。該当のロゴには時計を意味するローマ字数字と一緒に、学士帽と卒業ガウンを赤い線で表現した模様が入っている。

      現在、SNS上ではサイモン・ウィーゼンタール・センターのアカウントにBTSファンの釈明投稿が殺到している。

      これに先立ち、日本極右メディアは過去にジミンが原爆写真と一緒に「PATRIOTISM(愛国心)」「OURHISTORY(私たちの歴史)」「LIBERATION(解放)」「KOREA(コリア)」と書き込まれているTシャツを着た場面がYouTube(ユーチューブ)映像に登場したことを受けて、BTSが「反日活動」をしていると報じた。その後、日本のテレビ朝日側がBTSの出演を取りやめて論争になっていた。
    | NNL | 韓国・北朝鮮のお国ぶり | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    “コピー”が公然の秘密だったのは過去の話…ファッション界訴訟頻発の裏に韓国牽制疑惑
    0

      ※記事を読んでも「“コピー”が公然の秘密だったのは過去の話」とはなりそうにない。それが正直な感想。韓国牽制というなら、それを指摘する前に、そうならないために自分達は何をすべきかという発想がない。それがあれば今の訴訟多発は独自性開発のの端となり未来の財産となる。


      -----------------------------------------

      “コピー”が公然の秘密だったのは過去の話…ファッション界訴訟頻発の裏に韓国牽制疑惑(1)

      2014年03月21日10時15分
      [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

       
      写真拡大
      チェック柄訴訟となっているバーバリー(左)とサンバンウルの模様。(写真=業界総合)


        今月10日、英ファッション会社バーバリーリミテッドが韓国下着会社サンバンウルを相手取り、ソウル中央地裁に商標権侵害禁止訴訟を起こし、1億ウォ ン(約950万円)の損害賠償を請求した。サンバンウルのトライ(TRY)男性トランクスがバーバリー固有のチェック柄を盗用したという理由だった。バー バリーがLGファッション「DAKS」のチェック柄シャツを問題視して起こした訴訟が強制調停で終わってから5カ月ぶりだ。

        ファッション業界が訴訟で疲弊している。1月にファッションブランド「ロンシャン」が国内流通会社AIインターナショナルを相手に 「AIインターナショナルがロンシャンの『ル・プリアージュ』バッグのデザイン権利を侵害した」として起こした訴訟で勝訴した。続いて昨年5月にもコーロ ンFnCが「ピエールカルダンのV4Vバッグはコーロンのステファニーバックを模倣した」としてピエールカルダンを相手取り起こした販売禁止仮処分訴訟で 勝利した。

        同年2月にはフランス貴金属販売会社「アガタ・ディフュージョン」とアクセサリー会社「スワロフスキー」が子犬のデザインの商標権を めぐり争った。最高裁は「アガタの子犬のデザインとスワロフスキーの子犬のペンダントは細部に差がある」としてスワロフスキーに軍配をあげた。



       

      “コピー”が公然の秘密だったのは過去の話…ファッション界訴訟頻発の裏に韓国牽制疑惑(2)


        このような訴訟は模倣とトレンドの境界があいまいな業界の特性が原因だ。業界の関係者 は「毎年、春・秋4大ファッションショーに世界のデザイナーが集まり、ここで発表されるトレンドに基づき、各国市場に変形されて適用されるのが慣例」と話 した。こうしたファッション業界の特性上、似た製品が出てくるしかない構造であり、訴訟は減らないということだ。

        過去とは違い「国内ファッション業界が成長しながら経験する成長痛」という分析もある。その間ファッション分野で“コピー”は公然の 秘密として扱われた。国内のデザイナーが日本や欧州のファッションショーからデザインをコピーした後、自社ブランドとして衣類を出し、これに基づき東大門 やロードショップでコピー製品を作り、「○○st(○○ブランドスタイルの衣類という意味)として安く販売してきた。「東大門で売れればデザインがヒット したという意味」という言葉が出るほど、コピーを問題視しない雰囲気だった。



        また、商標権訴訟で訴訟当事者が得る利益は大きくないため、業界では訴訟を自制してきた。模倣が広い範囲で行われ、春・秋でトレンドが変わり商品価値が落ちるため、裁判が長引けば勝訴しても実益がないという判断からだ。

        しかし韓国市場が拡大し、ファッション業界が急速に成長する中、韓国ブランドを牽制する勢力が増えた。かつてアジア市場は日本と残り の市場と見なされてきたが、最近は有名ブランドの韓国進出が増えた。業界関係者は「韓国でブランド力を高め、市場に警告を送るための訴訟という側面があ る」と話した。訴訟を通じて得る金銭的な利益より、デザイン著作権を主張しながら市場に警告を発し、同時に自社ブランドの「広報」も兼ねる側面が強いとい うことだ。

        問題は、まだ国内にデザイン盗用や商標権侵害を判断する明確な根拠がないという点だ。バーバリーとLGファッションの訴訟で裁判所は 「LGファッションがバーバリーに3000万ウォン(約285万円)を支払い、バーバリーは訴えを取り下げる」として強制調停判決をした。商標権侵害事実 を明確に認めず、一歩後退した格好だ。

        法務法人クァンジャンのイ・ジョンソク弁護士は「商標やデザインでは、数学の公式のように明確な基準を作るのは難しい」とし「デザイ ンブランドが実用新案や縫製方法まで特許を申請しているが、訴訟の過程でデザインの独創性を直接証明しなければならず、複雑な過程をたどるしかない」と話 した。





       
      | NNL2 | 韓国・北朝鮮のお国ぶり | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      韓国 対馬が1000年前から韓国領という小説がベストセラーに
      0

        韓国 対馬が1000年前から韓国領という小説がベストセラーに

        2013.08.20 16:00


         中国、韓国は、国際社会で日本の戦争責任を叫んで日本を「加害者」の立場に置き続け、外交的優位を保ちながら、国内の反日感情を煽って国民の不満をそらすことが「国益」だと考えている。


         日本を批判する材料になるのであれば、彼らにとってそれが事実かどうかはどうでもいい。その執念たるやすさまじい。最近、韓国が持ち出したのが「千年恨」という考え方だ。

         この言葉は、朴槿恵大統領が日本統治に反対した「三・一独立運動」の記念式典(3月1日)で、「加害者と被害者という歴史的立場は1000年の歴史が流 れても変わらない」と演説したことから広がった。日本がいくら侵略戦争を謝罪し、首相が靖国神社参拝をしなくても、批判を止めるつもりなどないのだ。

         千年恨は流行語になり、5月には韓国、北朝鮮連合軍による対馬“奪還”作戦を描いた小説『千年恨、対馬』が刊行されてベストセラーになっている。対馬が1000年前から韓国領だという荒唐無稽な主張に基づくストーリーだ。

        ※週刊ポスト2013年8月30日号
         
        | NNL2 | 韓国・北朝鮮のお国ぶり | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        韓国人 田沢湖は韓国人が掘ったと主張も田沢湖は大昔から存在
        0

          韓国人 田沢湖は韓国人が掘ったと主張も田沢湖は大昔から存在

          2013.12.13 07:00

          http://www.news-postseven.com/archives/20131213_230869.html
           

           世界中のものを自国や自民族が起源だと主張する「韓国起源説」。とくに日本のものに対して無理な主張が多いが、国定公園にも指定されている日本で最も深い湖で龍の伝説もある田沢湖まで韓国起源だという珍説がある。

           韓国の音楽家ユン・ソフィが「田沢湖は日本に連れていかれた韓国徴用兵が掘った人工湖」と主張しているが、朝鮮人労働者が動員された田沢湖導水路工事を誤認したものと考えられる。田沢湖は大昔からある。

          ※週刊ポスト2013年12月20・27日号
          | NNL2 | 韓国・北朝鮮のお国ぶり | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          日韓が外交戦に続き文化戦争に突入
          0

            日韓が外交戦に続き文化戦争に突入、韓国が日本を圧倒するケースも・・韓国ネット「文化なら日本に勝てる」「寿司の成功は韓国と中国のおかげ」

            2015年05月15日



            韓国メディア・ヘラルド経済は14日、米国や中国、ロシアなどを巡って外交戦を繰り広げている韓国と日本が、ユネスコ世界文化遺産登録やベネチア・ビエンナーレ、ミラノ万博を舞台に“文化戦争”も展開していると報じた。

            記 事は、日本の明治産業革命施設の世界文化遺産登録を巡る両国の争いを「感情が混じった大きな戦い」と表現。ただ、日本が2006年から専門家グループを結 成して登録に向けた作業を進めてきたのに対し、韓国政府は2012年にようやくこの動きを把握。韓国は慌てて反対運動を展開しているが、日本が「積極的な 外交活動」で「巧妙な論理を展開」していることもあって、その成果は「疑問だ」としている。

            一方、万博とビエンナーレでは「プライドをかけた戦い」が展開されている。

            ミ ラノ万博では、145の参加国中、日本が6番目、韓国が9番目の規模の展示館を出して食文化を競っている。だが、韓国館はかめや柱にキムチや味噌、コチュ ジャンなどの写真を張り付ける「みすぼらしい」展示で、提供されている情報も「あまりにも貧弱」と評価されている。これに対して日本館は資料や情報が溢 れ、LEDを使った展示も観客の目を引いており、この戦いも「韓国が押されている」という。

            ベネチア・ビエンナーレでは韓国が先行してい るという。韓国館は「縮地法と飛行術」という映像作品を、日本館は塩田千春さんの「掌(てのひら)の鍵」という大型の展示を前面に押し出した。美術関係者 は「韓国館は『頭で理解する展示』、日本館は『胸に感じる展示』」と評価しているが、韓国館は開幕当日に「最高のパビリオン」と評価されるなど好評だっ た。本展示ではイム・フンスン監督が有望な若手アーティストに贈られる「銀獅子賞」を受賞し、韓国が日本を圧倒した。

            この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

            ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


            「韓国料理はメキシコ、フランス、イタリア、トルコ、インド、アラブ、タイ、中国、日本などと比べると、豚のえさレベル」

            「またキムチ?」

            「キムチに税金を投入しすぎたから、宣伝しないわけにはいかない」

            「サムギョプサルが一番」

            「外国に暮らしてみたら、医療も生活水準も韓国がどれだけ高いかが分かる」

            「韓国料理の問題は、匂い。ニンニクを入れた料理は歯を磨いても匂う。仕事の前はどうしても韓国料理は避けることになる」

            「いちいち日本と比較する理由が分からない。最善を尽くして、アイディアを生み出していけばいい」

            「文化の面では勝ちたい。すべてにおいて日本に勝つことはできないが、文化の面では可能」

            「寿司が大衆化に成功したのは韓国と中国のおかげ。米国で寿司屋は韓国人か中国人が経営しているし、海産物のビュッフェを始めたのも在米韓国人」

            「韓国には素晴らしい芸術家が多い」

            「芸術家の才能もどんどん育ててほしい」

            「ベニスでの受賞は、同じ韓国人としてうれしい」

            「外交で孤立しても、韓国人ひとりひとりには素晴らしい才能がある」

            (編集 MJ)

            | NNL2 | 韓国・北朝鮮のお国ぶり | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            嫌韓で韓流ブームが急速に冷める日本
            0

              ※自分のことしか考えない韓国人には客観的分析は出来ない
              物事を深く考えない=偶然はあっても長続きしない


              _________________

              嫌韓で韓流ブームが急速に冷める日本、将来は“再燃”の見方も・・韓国ネットは「韓流はまだ生きている」「日本政府とテレビ局が意図的に…」

              FOCUS-ASIA.COM 7月3日(金)0時50分配信

              嫌韓で韓流ブームが急速に冷める日本、将来は“再燃”の見方も・・韓国ネットは「韓流はまだ生きている」「日本政府とテレビ局が意図的に…」

              韓国メディア・KBSは2日、日本国内で「嫌韓」のために韓流ブームが急速に冷めていると報じた。

              6月22日の日韓国交正常化50周年では、記念イベントや日韓外相会談が行われ、関係改善に向けた動きがみられた。しかし、韓流の危機は続いている。

              日本の韓流ブームは、2003年にNHKがドラマ「冬のソナタ」を放映したことで始まり、韓流ドラマやK−POPが続々と進出した。韓国の文化コンテンツの対日輸出増加率は2011年には55.2%に達した。しかし、2012年と2013年は8%台と、急速に鈍化した。

              その背景には、日本の「反韓流」ムードがある。東京の代表的なコリアンタウン・新大久保では、嫌韓デモが頻繁に行われたため、500店超の韓国商店のうち 100店以上が閉店した。また、2012年には350万に近くいた日本人訪韓者は、昨年は225万人にまで減少。日本の書店には韓国を叩く数々の書籍が人 気コーナーを形成している。

              また、韓流研究所のハン・スンボム所長は「韓国の歌手や芸能人がテレビに出ることが非常に少なくなり、公演が難しくなっている」と指摘する。NHKの紅白 歌合戦では過去、BoAや東方神起など、韓国人歌手が参加していたが、2012年以降は出演できなくなった。韓流ドラマも、今では衛星放送やケーブルテレ ビで命脈を保っている状態だ。

              ただ、楽観的な見方もある。東方神起やビッグバンなどの固定ファンを持つ歌手の活動や企画会社の進出は続いていることから、韓流ブームが停滞してもインフラの構築は進んでいる。このため、将来は韓流ブームが再燃するという見方だ。

              韓国政府は先月、官民が協力して韓流の持続的な発展を目指す「韓流企画団」を発足させた。日韓の関係改善ムードが高まる現在、政府や民間は韓流の未来について本格的に検討すべきだ。

              この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。


              ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


              「オリコンチャートを見ろ。ほとんどの分野でK−POPが上位に来ている。ビッグバンや東方神起などは出せば、すぐに1位になる」

              「韓流は死んだわけではない。定着した」

              「韓流はまだ生きている。もう韓流という別枠ではなく、普通にいいものは愛されている」

              「韓流はバブルだったという人もいるが、そこそこ定着したと思う」

              「大阪に住んでいるが、ビーストが人気」

              「日本人女性とネットで話してみると、みんなK−POPに興味がある」

              「原因は同じようなコンテンツに飽きた」

              「フィリピンではまだ人気なのに、日本は終わったか?」

              「コリアンタウンで嫌韓デモをするから、日本人が新大久保に行けなくなった。テレビ局は韓流が人気だから、あえてK−POP歌手を出さない。日本政府とテレビ局が意図的に韓流を追い出している」

              「新大久保は、まともな街ではない。もっと素材のいいものを売るべき」

              「韓流は一つの流行、いつか息絶える」

              「同じような内容のドラマに同じような歌や歌手。飽きるのも分かる。だが、日本政府や右翼が韓国に悪感情を持っているのも、韓流を衰えさせている」

              「韓流が終わったと言うにはまだ早い。何度もそう言われたが、アルバムは売れているし、ファンミーティングも盛況」

              「日本が歴史歪曲などで問題を起こし、韓国マニア層の立場が悪くなってきたのは、本当に残念」

              (編集 MJ)

              | NNL2 | 韓国・北朝鮮のお国ぶり | 06:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              韓国が平昌五輪の「開催権放棄」したら
              0

                韓国が平昌五輪の「開催権放棄」したら

                ・・・代替地は日本か?=中国メディア


                http://news.searchina.net/id/1552797?page=1
                 韓国で2018年に開催が予定されている平昌(ピョンチャン)冬季五輪について、香港メディアの鳳凰網は6日、財政困難から競技場の建設が大幅に遅れているとし、韓国メディアの報道を引用して、「平昌冬季五輪が困難に直面しており、韓国が開催権を放棄する可能性もある」と伝えた。

                 記事は、2014年夏に任期を1年以上も残して平昌五輪組織委員会の委員長が辞職し、「平昌五輪が直面していた問題が明らかになった」と伝え、国を挙げての準備が必要であるにもかかわらず、準備は遅々として進んでいないと指摘。さらに韓国では「冬季五輪の放棄がもっとも現実的」との声もあると紹介した。

                 続けて、韓国の英字紙「コリアタイムズ」が「平昌が属す江原道の議会は韓国政府から十分な支援が得られないことを理由に、冬季五輪の開催権を放棄すると強硬な態度を示している」と報じたことを紹介。

                 さらに韓国の法律に基づけば、競技場の建設や改修にかかる費用の75%は韓国政府が負担するものと定められていると紹介しつつ、「韓国政府は開幕式などが行われるメーン会場の費用の50%しか負担しないとしていることに江原道議会は強い不満を示している」と伝えた。

                 こうした背景のもと、競技場の建設などは「実質的な進展が見られないまま」と伝えたほか、「五輪開催まで残り約3年となったが、一部の競技場の建設はまったく行われる様子がない」と紹介。さらに冬季五輪の開催をめぐって、現地の自治体と住民が対立を深めていると紹介した。

                 また記事は、韓国メディアの報道として「平昌が冬季五輪の開催を放棄した場合、日本が代替開催する可能性が高い」と伝えたことを紹介。その理由はアジアの国のうち、冬季五輪を開催した経験を持つ国は日本だけであるためだという。さらに、札幌市は2026年の冬季五輪に立候補したことを理由に、長野市が「平昌の代替開催地になる」可能性があると紹介した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)boroda/123RF.COM)

                 
                | NNL2 | 韓国・北朝鮮のお国ぶり | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                ソチ五輪(2014年)で明るみになった「韓国人の本性」証拠の数々
                0

                  【中国ブログ】

                  ソチ五輪で明るみになった「韓国人の本性」証拠の数々

                   韓国はスピードスケートの強豪国と言われていたが、ソチ五輪では苦戦が続いた。成績が振るわず、国内から非難されていることに加え、接触・転倒によるトラブルが相次ぎ、国外からもバッシングを受けて窮地に立たされた。  ショートトラック女子500メートル決勝でも、韓国人選手に接触・転倒させてしまった英国の選手に、韓国ネットユーザーからの“脅迫”が殺到し、問題となった。謝罪しても続く非難・中傷に同選手は「身の危険を感じた。耐えられない」と話した。  中国人ブロガーの「宝貝楚楚」さんは、今回の事件をきっかけに「韓国人の本性が暴かれた」と怒り心頭の様子だ。スピードスケートには接触やけがは「つき物」であり、これまでにも数々のトラブルはあったが、筆者は韓国選手による中国人選手に対する妨害ともとれる事例を「韓国人の本性を暴く証拠の数々」として挙げている。  例えば今大会での男子1000メートルでは、中国の武大靖が3位につけていたものの、韓国のシン・ダウンの接触によってメダルを逃したほか、女子1500メートルでは500メートルで優勝した李堅柔が韓国人選手との接触で転倒している。  過去にも、2008年のワールドカップで中国の周洋が韓国選手に押されてコースを外れ、頸椎を損傷する事故も起きている。また、2010−11シーズンのワールドカップでは、男子500メートル準決勝で中国の韓佳良が韓国選手に妨害され、スケート靴の刃が腹部に当たり負傷した「流血事件」も引き合いに出し、「これが礼儀の国と言われる韓国の文化なのか?」と息巻いている。  今大会不振が続く韓国勢と対照的に、「大好きなショートトラックを続けるため」と、ロシアに国籍変更して出場したビクトル・アンが悲願の金メダルを手にしたことも、「韓国という国のたちの悪さ」を証明しているらしい。  これらの事例がすべて意図的だとは言い切れない。ましてやトラブルの原因になっているのは韓国人だけではないが、英国選手に対する脅迫事件をきっかけに、中国での韓国および韓国選手に対する風当たりが強くなっているのは間違いないだろう。(編集担当:畠山栄)(イメージ写真提供:123RF)
                  | NNL2 | 韓国・北朝鮮のお国ぶり | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  (法が支配する国家ではなく野蛮が支配する国家である)韓国
                  0


                    産経前支局長に「謝罪すれば不起訴」、韓国法相は否定


                    韓国与野党、産経前支局長起訴めぐり攻防

                    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/14/2014101400729.html

                     朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の私生活をめぐる疑惑を報じた産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長を在宅起訴した問題をめぐり、与野党の国会議員たちは13日、法務部(省に相当)に対する国政監査で攻防を繰り広げた。


                     野党議員たちは、検察が加藤氏を在宅起訴としたことについて「国益を損ねる」と批判した一方、与党議員たちは「当然の措置だ」と擁護した。


                      国会法制司法委員会に所属する野党・新政治民主連合の朴智元(パク・チウォン)議員は「元慰安婦の女性たちをもこき下ろす産経新聞を、なぜ検察が宣伝する のか。韓国が言論後進国という点を世界に知らしめ、朴大統領が(旅客船『セウォル号』沈没事故当時に)7時間も所在不明だったとされる問題をアピールした 検察を、むしろ起訴するべきではないか」と皮肉った。


                     その上で「加藤前支局長を呼んで『謝罪すれば起訴しない』と告げたというのは事実なのか。被疑者を呼んで懐柔するというのは、韓国の検察独特のスタイルではないか」と問いただした。


                     これに対し、黄教安(ファン・ギョアン)法務部長官は「謝罪すれば起訴しないという条件付きの約束をしたことはない。告発があったので捜査を行った。虚偽の事実を報じた上、訂正も謝罪もなかったため、あのような措置を取らざるを得なかった」と反論した。


                      与党セヌリ党の朴敏植(パク・ミンシク)議員は「国家元首は国民を代表する統合の象徴だ。大統領の名誉を傷つけた加藤前支局長を在宅起訴としたのは果たし て正当な措置なのか。捜査が間違っていたと思う。なぜ在宅のままなのか。外国の記者は優遇しなければならないという規則でもあるのか」と質問した。


                      また「産経新聞が慰安婦問題や領土問題などを歪曲(わいきょく)する上でどれだけ大きな役割を果たしているのか分からないのか。ここまでくると加害者同然 だが、虚偽の事実を吹聴しまくる加害者に対し、検察がこんな軽い処分でとどめたことは適切なのか疑問だ」と付け加えた。


                    チャン・ミンソン記者
                    ____________________________________________________________________________________

                    ※ この記事は韓国の実態を如実に表している。韓国とは国家ではない。もし国家と言うなら「(法が支配する国家ではなく野蛮が支配する国家である)韓国」「(近代国家ではなく封建国家である)韓国」といった前提が必要である。

                    __________________________________________________________________________________

                    【韓国に問う】

                    振り上げた拳下ろせない朴政権…「国際的な威信が失墜」

                    呉善花・拓殖大教授

                    2014.10.9 21:27

                    http://www.sankei.com/world/news/141009/wor1410090048-n1.html

                    韓国検察が産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(現東京本社社会部編集委員)を在宅起訴した。権力者に関する報道を名誉毀損(きそん)の罪に問うという、民 主主義のルールを逸脱した判断だ。加藤編集委員は東京に異動が決まっていたのに、韓国からの出国を禁じられ、本来の取材活動を封じられている。国際社会の 常識は韓国に通じないのか。言論、表現の担い手など、国内外のさまざまな分野の人たちに話を聞く。1回目は拓殖大教授の呉善花氏。



                    権力に対してジャーナリズムには自由がある。そうでなければ、ジャーナリズムは成り立たない。しかも、加藤達也前ソウル支局長の記事は韓国紙の朝鮮日報の コラムを引用したものだ。少なくともまともな民主国家ではあり得ないことで、国際的に見てもとんでもないことだ。韓国にとってこんなに恥ずかしいことはな い。国際的な威信が失墜する。

                    いろんな国から批判の対象になることは分かっていたと思うが、韓国の現政権は、そんなことは関係ないと思っている。国際社会における国家の威信を守ることよりも、大統領個人の威信を守ることが大事だったということだ。

                    本来、これは韓国のマスコミが大騒ぎして立ち上がらなくてはならない問題だ。だが今、韓国では「反日」に関しては絶対ひいてはいけない。社会全体がそうなってしまっている。

                    朴政権に計画や戦略があったとは思えない。最初は、産経新聞に意地悪をすることで、日本のメディアがうんざりして、簡単に韓国を批判できないようにしよう と考えていたのだろう。それもジャーナリズムへのとんでもない圧力だが、事態は次第に大きくなり、日本の保守系メディアの代表である産経新聞をたたくこと は、「反日」の象徴となってしまった。それで振り上げた拳が下ろせなくなってしまった。

                    韓国では「反日」に対しては右も左もない。朴政権が今、一番恐れているのは支持率の下落だ。国民から朴大統領は反日の手を緩めたと思われると非難される。非難されると大統領の支持率は下落し、支持率が下がれば側近は離れ、政権が危機に陥る可能性が出てくる。

                    国のリーダーは、いくら反日的であっても、自らはそれを表に見せてはいけない。逃げ道がなくなるからだ。だが、朴大統領は自ら反日的な発言をするなど、こ れまで反日路線を続けてきた。それだけに、今さら反日をやめたと受け止められるような対応はできず、国内外の批判の間で、ジレンマに陥っている。(談)

                     
                    | NNL2 | 韓国・北朝鮮のお国ぶり | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                        123
                    45678910
                    11121314151617
                    18192021222324
                    252627282930 
                    << November 2018 >>
                    + PR
                    + SELECTED ENTRIES
                    + RECENT COMMENTS
                    + RECENT TRACKBACK
                    + CATEGORIES
                    + ARCHIVES
                    + MOBILE
                    qrcode
                    + LINKS
                    + PROFILE