NIPPON NEWS LOG

重要記事収集サイト
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    マツタケ不正輸入の疑い 朝鮮総連議長の息子ら逮捕
    0

      マツタケ不正輸入の疑い 朝鮮総連議長の息子ら逮捕

       
      5月12日 7時45分
      マツタケ不正輸入の疑い 朝鮮総連議長の息子ら逮捕

      http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150512/k10010076301000.html

      北朝鮮から大量のマツタケを不正に輸入したとして東京の会社の社長らが逮捕された事件で、警察 は朝鮮総連=在日本朝鮮人総連合会傘下の食品卸売会社が事件に関わった疑いが強まったとして、この会社の社長や、従業員で朝鮮総連の議長の息子ら合わせて 3人を外国為替法違反の疑いで逮捕しました。

      このうち、議長の息子は容疑を否認しているということです。

      逮捕されたのは、東京・台東区にある朝鮮総連傘下の食品卸売会社「朝鮮特産物販売」の社長、金勇作容疑者(70)や、従業員で朝鮮総連トップのホ・ジョンマン(許宗萬)議長の次男、許政道容疑者(50)ら合わせて3人です。

      警察によりますと、金社長らは平成22年9月、制裁措置で輸出入が全面的に禁止されている北朝鮮から、マツタケおよそ1800キロを中国産と偽って不正に輸入した外国為替法違反の疑いが持たれています。

      警察はことし3月、東京の別の会社の社長らを逮捕し、取り引き関係の資料を分析するなどして調べを進めてきましたが、3人が事件に関わった疑いが強まったとして逮捕しました。

      このうち許容疑者は調べに対し、「不当逮捕だ」などとして容疑を否認しているということです。

      警察はマツタケの不正輸入の詳しいいきさつの解明を進める方針です。

      この事件を巡っては、ことし3月、警察が朝鮮総連のホ議長の自宅を関係先として捜索したことなどについて、北朝鮮が「日本が両国関係を最悪の事態に追いやっている」などと反発し、これに対し、日本政府は捜査は法と証拠に基づいて適正に行われているとしていました。



       

      「将軍様の意向」文書押収 不正輸入事件 総連関与捜査

      朝日新聞デジタル 5月13日(水)0時47分配信

       北朝鮮産マツタケの不正輸入容疑事件で、京都府警が12日に逮捕した在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)トップ許宗萬(ホジョンマン)議長の次男、許政道 (ホジョンド)容疑者(50)は、北朝鮮の意向を朝鮮総連側に伝える「密使」役を担った可能性のあることが捜査関係者への取材でわかった。府警は本国や総 連のかかわりを示唆する文書を捜索で押収し、組織的な関与を慎重に調べている。

      【写真】捜査員に連れられて自宅マンションを出る許政道容疑者(中央)=12日午前7時11分、東京都足立区、画像の一部を修整しています


       府警は昨年5月、朝鮮総連傘下の食品商社「朝鮮特産物販売」(東京都台東区)や、社員の許容疑者宅など関係先十数カ所を外国為替・外国貿易法違反(無承 認輸入)容疑で捜索。捜査関係者によると、マツタケの取引をめぐって「金正日将軍様(総書記、2011年死去)の意向」「朝鮮労働党」などと書かれた文書 や許議長の名前が記された書類を押収したという。

       許容疑者は12日午前7時すぎ、東京都足立区の自宅マンションから捜査員と出てきた。帽子を目深にかぶり、白いマスク姿。捜査車両に乗る際、取り囲む報道陣に声を張り上げた。

      朝日新聞社



       


       
      | NNL2 | 朝鮮総連・民団 | 06:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      「ポルシェ」で万引、生活保護、49歳・韓国籍男の“仰天非常識”…
      0

        【衝撃事件の核心】

         
        「ポルシェ」で万引、生活保護、49歳・韓国籍男の“仰天非常識”…“都市伝説”は本当だった、見過ごした行政の“怠慢”
        男が生活保護を受給している最中に購入したという車と同タイプのポルシェ。ドイツが生んだ名車中の名車だが、男は万引の犯行現場へもポルシェで通ったという(提供写真、一部画像処理しています)



         いずれも似つかわしくない取り合わせだった。男が「万引」の犯行現場に乗り付けた車、そしてこの男は生活保護受給者…。男の愛車は、万引と生活保 護という2つの言葉とは縁遠い存在のドイツの高級車「ポルシェ」だったのだ。兵庫県警長田署に窃盗容疑で逮捕、起訴された男は、韓国籍で神戸市長田区の無 職、朴永錦被告(49)。さらに交通事故で1千万円超の保険金を受け取ったにもかかわらず、生活保護費を不正受給していたことも判明し、詐欺容疑で再逮捕 された。原則、所有が認められない高級外車を生活保護の受給中に購入したという呆れた行動。だが、保護費を支給していた神戸市も、不正を見破る機会をみす みす逃していたという。


        万引現場への足にポルシェ


         「生活保護をもらいながら外車に乗っている」。こんなフレーズは半ば都市伝説のごとく語られることはあったが、現実だった。

         平成25年10月、神戸市長田区のホームセンター。朴被告は携帯型の発電機(約5万円相当)を店外に持ち出し、駐車場にとめていた愛車のポルシェに積もうとしていたところを、男性保安員に呼び止められた。

         保安員が朴被告を取り押さえ、通報で駆けつけた長田署員に引き渡した。朴被告は「買うつもりだった」と否認している。

          捜査の結果、朴被告が生活保護を受給していることが判明した。生活保護の受給者は原則的にマイカーを持てないはずだ。なぜ、高級車のポルシェなのか。捜査 員らが調べを進めると、朴被告が以前に2度、交通事故で治療費を含み計1100万円超の保険金を受け取っていたことも分かった。この保険金をポルシェの購 入資金に充てていたとみられる。



         

        保険金と生活保護の“W収入”

         朴被告は保険金を2度に渡って受け取っていた が、1度目は23年12月に兵庫県西宮市で乗用車にはねられ、鎖骨を骨折した交通事故。治療費や見舞金などとして、保険会社から約1040万円を受け取っ た。2度目は24年4月に神戸市須磨区で乗用車と接触して軽傷を負い、約90万円を受け取ったという。

         朴容疑者に生活保護を支給していた 神戸市などによると、本来、生活保護受給者が事故に遭った場合、生活保護窓口に報告しなければならない。その際に必要な治療費は、医療費として生活保護か ら医療機関に直接支払われるからだ。そのため、受給者が勝手に保険会社から治療費を受け取ることはできない。

         だが、朴容疑者が受け取った保険金は1千万超と多額だ。関係者は「市に事故の報告をするよりも、黙っておいて多額の保険金を受け取ったほうが得だと考えたのではないか」と推測する。

          結局、万引に端を発した捜査は、事故で保険金を受け取ったことを市に届け出ないまま、生活保護を不正受給していたとする詐欺事件に発展。長田署は1月15 日、朴被告を詐欺容疑で再逮捕した。当初は「(保険金は)働いて得た金じゃないのに(申請しないといけないことは)おかしい」と否認していたが、その後一 転して「申請しなくてはいけないことは知っていた」と認めたという。
         

        高級外車など7台保有のケースも


         捜査関係者によると、朴被告が生活保護を受給し始めたのは23年9月だった。病気を理由に働くことができないとして、当時住んでいた神戸市東灘区で生活保護を受け取っていたという。

         市によると、朴被告と同じ48歳の単身男性の場合、1カ月に生活費として約8万円と、家賃として最大4万2500円が支給される。その他、医療費なども支給され、朴被告も眼鏡や診察代、薬代などを医療補助費として受け取っていた。


         ポルシェを購入したのは、保険金を得た後の24年9月ごろ。車種は「911カレラ」というスポーツカータイプで、5〜10年までに発売された 993型。中古車として購入したが価格は約300万円。「残りの金はパチンコなど遊興費や飲食代に費やした」と説明しているという。

         朴被告のように、生活保護を受給しながら、高級車を所有するケースは後を絶たない。

         札幌市で24年、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された男が、生活保護費を受給しながらベンツなど高級外車や軽乗用車など7台を所有していたのを隠していたとして、北海道警に詐欺容疑で再逮捕された。

         福岡市では同じ年、生活保護費を受給しているにもかかわらず、高級車など3台を所有していた男が、調査中の市職員を「車のことを話したら殺す」などと脅迫したとして暴力行為処罰法違反容疑で逮捕されている。


        見抜けたはずの不正


         身体障害者などを除き、原則的に生活保護受給者は車を所有することはできない。だが、朴被告に車を所有する特段の事情は確認されておらず、市関係者は「生活保護の受給対象に該当しない可能性も高い」という。

         ただ、車を所有しながら生活保護を受け取ること自体は、刑事罰には問われない。今回のケースでは、交通事故による保険金を受け取っていたのにもかかわらず申請しなかったことが違法だったとされる。

         神戸市によると、市内で生活保護受給者が車を所有しているのは昨年3月までで171件。うち、57件が本来なら認められないケースだという。車を所有していた人が職を失い、生活保護を受給せざるを得なくなった場合が多く、職員も「悪質な例はほとんどない」と話す。

         しかしなぜ、職員は朴被告のような事案を見抜けないのか。


         

         市などによると、24年10月、保険会社から市に「(朴被告が)事故に遭った。生活保護を受け取っている人か」と問い合わせがあった。職員が朴被 告宅を訪問した際、朴被告は「軽い事故に遭ったが大したことはない」と説明。保険金が出る場合は連絡するよう求めたが、その返事はなかった。

         職員は年に4回ほど自宅を訪問している。車は近くの月極駐車場を借りて止めており、車の購入や事故の話などもなかったため、不正受給には気付かなかったという。

         神戸地検は5日、朴被告を詐欺罪でも起訴したが、不正受給額は約170万円に減額。減らされた約300万円分は、市が保険会社の照会で不正受給に気付けば、被害を防げた可能性が高かったと判断したとみられる。

          市はこの件について「通常なら気付くが、裁判への影響があり得るので詳しくは話せない」としている。生活保護の原資は税金だ。生活に困窮している人たちの 手に渡るのは当然だが、支給する側の自治体には、せめて見抜ける不正は見逃さないという当たり前の手続きだけは怠らないでほしい。


         

        | NNL | 朝鮮総連・民団 | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        正恩氏の“朝令暮改”に冷める総連、韓国議員は使い捨て
        0
           

          正恩氏の“朝令暮改”に冷める総連、韓国議員は使い捨て

          2013.10.06


          http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131006/frn1310061445001-n1.htm


           北朝鮮が今年3月、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)に戦時態勢を指示していたことが2日、判明した。ただ、テロ扇動に突き進んだ韓国親北野党議 員らのように、朝鮮総連が実際に準備に動いた形跡はない。そこからは挑発から対話へと金正恩第1書記の“朝令暮改”に振り回される組織幹部と、もはや上意 下達では動かなくなった組織員らの姿が透けてみえる。


           「会議では重要な決定がなされた」。金第1書記の「戦争突入命令」に基づく指示が示された朝鮮総連中央委の会議について幹部の一人はこう指摘した。

           決定とは、組織に加わらない在日朝鮮人との連携など朝鮮総連の“ソフト路線”を率いた副議長が解任され、北朝鮮工作機関の指示伝達役とされた人物が局長に就任した人事を指す。

           「“裏”を担ってきた工作部門の中枢への進出」と幹部らは理解したというが下部職員らは違った。「戦争時の心構え」を説かれても、「いつもの引き締め」や「資金集めのために緊張感をあおっている」としか受け止めなかったという。

           背景には、一般組織員らの間で金第1書記の3代世襲への反発が大きく、本国や朝鮮総連上層部に対して冷めた見方が広がっているという事情がある。

            これに対し、北朝鮮の挑発攻勢を見て、韓国・統合進歩党議員の李石基被告らは素早い反応をみせた。起訴状などによると、3月の秘密会合で「戦争の雰囲気が 熟している」と述べ、米軍情報の収集など戦時に向けた指針を明示。5月の会合では「鉄塔を破壊することが軍事的に非常に重要だ。同時多発的に戦争すれば新 たな勝利が…」とインフラ施設を狙った襲撃にも言及した。この際の録音を当局が入手し、立件の決め手となった。

           李被告逮捕後、北朝鮮は「われわれとむやみに結び付け同族対決をあおっている」と南北対話に影響を及ぼさないよう韓国にクギを刺した。日韓外交筋は「開城(ケソン)工業団地再開前の微妙な時期で李被告らをトカゲの尻尾のように切り捨てようとしたのだろう」とみる。

            だが、工団再開後は一転して、「対話を対決に悪用した」と李被告ら「統一愛国人士への弾圧」を激しく非難し、南北離散家族再会事業の延期を通告。南北対話 と事件への対応で大きなブレをみせた。正恩政権の方針転換に、より翻弄され使い捨てにされたのは韓国の従北勢力の方だったのかもしれない。(桜井紀雄)



          | NNL | 朝鮮総連・民団 | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          31      
          << December 2017 >>
          + PR
          + SELECTED ENTRIES
          + RECENT COMMENTS
          + RECENT TRACKBACK
          + CATEGORIES
          + ARCHIVES
          + MOBILE
          qrcode
          + LINKS
          + PROFILE