モルモン教徒ロムニー

  • 2012.02.02 Thursday
  • 10:29
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2012020263848

 
[オピニオン]

モルモン教徒ロムニー

記事を聞く

FEBRUARY 02, 2012 08:29

米国の社会学者ライト・ミルズは1956年の著書「パワーエリート」で、「米国社会は少数のエリートが支配する社会」であると述べ、その多くが男性ワスプ (WASP)であると主張した。ワスプとは、「ホワイト・アングロサクソン・プロテスタント」を意味する言葉だ。彼らは、実際に20世紀中盤まで米国の 200大企業の大半を掌握し、政治権力も彼らの専有物と見なされた。しかし、今ワスプは少数の利益独占集団を皮肉る言葉となった。


◆カトリック信者のケネディが、1960年に第35代大統領に当選したことは、ワスプの政治独占の終焉を宣言する衝撃的な事件だった。しか し、ケネディは選挙運動の期間中、「私はカトリックの大統領選候補ではなく、民主党の大統領選候補であり、たまたまカトリック信者であったにすぎない」と 語り、宗教問題に飛び火することを敬遠する態度を取った。白人のホワイトハウス独占が崩れたのは08年だった。初の女性大統領を夢見たヒラリー・クリント ンを破って第44代大統領になったオバマを米国のメディアは「黒いケネディ」と呼んだ。上院議員出身で40代で大統領になった共通点よりも、米国社会の 「非主流」として権力の頂点に上った象徴性に注目した。

◆先月31日、米フロリダ州で行われた共和党予備選で、モルモン教信者のミット・ロムニー候補が大差で勝利した。50州の予備選のうちまだ 4州が行われただけで、確保目標の代議員数1144人中、ロムニーが確保した代議員は87人にすぎないが、米国の政界では、ロムニーの共和党大統領候補指 名を既成事実化するムードだ。ハーバード大学経営学修士(MBA)を卒業し、マサチューセッツ州知事、ソルトレイク冬季五輪委員会委員長、ベイン・アン ド・カンパニー最高経営者など、大統領候補の中でこれ以上華やかな経歴はお目にかかれない。

◆ロムニーは08年、大統領選の共和党候補指名争いで、ジョン・マケインに苦杯をなめた。人物、経歴、学歴、どれ一つ劣ることはなかった が、モルモン教徒という宗教の壁を越えることができなかった。モルモン教が「重婚禁止」を公式宣言したにもかかわらず、まだ一部の原理主義者が一夫多妻制 を維持していることへの否定的な見方が依然として残っている。同じモルモン教徒だったジョン・ハンツマン元駐中大使は最近、共和党候補指名争いの辞退を宣 言し、ロムニーへの支持を表明した。米国人は、初のモルモン教大統領を迎える準備ができているのだろうか。歴史は常に新しく作り変えられるものではあるの だが。

ハ・テウォン論説委員 triplets@donga.com

スポンサーサイト

  • 2019.07.15 Monday
  • 10:29
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM