NIPPON NEWS LOG

重要記事収集サイト
<< 障害のある弟の面倒見続けた兄、生活苦で心中 | main | 偉大な金日成同志を戴くのは、わが党と人民の最も崇高な道徳・信義である >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    金正日総書記の談話公開
    0
      http://jp.korea-np.co.jp/article.php?action=detail&pid=52887

      労働新聞 金正日総書記の談話公開

      主席の偉業を継承し輝かそう

      労働新聞1月18日付は、金正日総書記が1999年10月27日に朝鮮労働党中央委員会の責任活動家と行った談話「偉大な金日成同志を戴くのは、わが党と人民の最も崇高な道徳・信義である」の全文を掲載した。

      談話によれば、総書記は自身の銅像を建てることに強く反対していた。総書記生誕60周年に際して朝鮮労働党歴史研究所が銅像建立の提案書を提出した とき、総書記は「不許可」と署名して送り返したという。そして、このような問題が提起されるのを見ると、いまだ活動家が自身の意図をはっきり認識せずに働 いているということがわかると厳しく批判し、次のように指摘した。

      私は、主席の偉業を継承して主席が収めた業績を固守し、輝かせていく革命戦士である。主席の霊前に立てた誓いをすべて実践しようとすれば、経済、人 民生活、祖国統一問題をはじめ、今なお重大な課題が多く残っているのに、60歳の誕生日を迎えたからといって私の銅像を建てることはできない。私は、主席 の偉業を忠実に継承し、完成させていくだけだ…。

      総書記は談話で、自身の銅像を建ててはならない理由を4つあげている。

      第1に、共産主義的道徳・信義をもって主席の革命偉業を継承・完成させようという自らの意図に合わないということだ。総書記は談話で、主席が逝去し て数年しか経たない時に自身の銅像を建てたら、それが自分の指導者を心から仰ぐことになるのか、共産主義的道徳・信義の関係でどんな損失をもたらすのかに ついて深く考えるべきだと述べている。

      第2に、人民の心に宿った信念にも合わないということだ。総書記は談話で、人民が主席の銅像を見て、自身を見るのと同じように思い、主席の銅像に花 束を献じてあいさつすれば、それがすなわち自身に対する敬意だと思えばいいのであって、銅像を別個に建てて人民の心の中で主席と自身を区別するようにする 必要はないと述べている。

      第3に、人民の便宜も考慮しなければならないということだ。総書記は談話で、自身の銅像まで建てたら、人民が錦繍山記念宮殿や主席の銅像を訪れてあ いさつし、金正淑女史の銅像を訪れてあいさつをした後、また自身の銅像を訪れてあいさつをするようになるとし、そうなれば人民に不便を与えかねないと述べ ている。

      第4に、銅像を建てるのが重要なのではなく、業績を残すことが重要だということだ。総書記は談話で、党と指導者に真に忠実な活動家ならば、銅像を建 てようと提起する前に、党の思想と指導をさらにしっかり体して党の業績を固守し、輝かせるため尽力しなければならないと述べている。

      総書記はさらに、一部の活動家が銅像を自身に知られないように建てるかもしれないので、万寿台創作社(平壌)をはじめ、そうした問題に関与できる機 関に特別な注意を払っていることに言及した。そして、こうした問題については決して黙過せず、認めないと話した。また、自身に関する映画も制作しないよう 制限していることも明かした。

      総書記は、指導者と活動家の関係についても言及。単純に指示して服従する関係ではなく、革命的信念と共産主義的道徳・信義に基づいた真の同志的関係にならなければならないと述べた。

      そして、活動家らが実践活動によって自身を助け、60歳の誕生日のときにはお祝いの手紙を1枚書いてくれればよい、そういう活動家こそ革命同志であると述べた。

      最後に、自身の銅像ではなく、青年運動に関する記念塔を立派に建てる構想を披露した。

      国内の反響

      労働新聞1月19日付は、今回の談話に関する国内の反響を紹介した。

      朝鮮労働党中央委員会党歴史研究所のキム・ジョンイム所長は、大国喪に遭い、人民は総書記の銅像を建てられなかった罪悪感で胸を痛めていたが、13年前の胸の熱くなる談話が発表され、総書記の銅像を建てられなかった理由を全人民が知るようになったと指摘した。

      金日成社会主義青年同盟中央委員会の李勇哲第1書記は、総書記の銅像を建てようという人民の切実な願いは許さず、むしろ青年に関する記念塔を建立しようと心遣ってくれた総書記への思いで数百万青年たちの心を激しく揺さぶっていると話した。

      談話「偉大な金日成同志を戴くのは、わが党と人民の最も崇高な道徳・信義である」

      ( 朝鮮新報 2012-02-03 11:34:13 )
      | NNL | 北朝鮮−思想− | 18:57 | comments(0) | trackbacks(5) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 18:57 | - | - | - | - |









        http://nnl.jugem.jp/trackback/2356
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2012/02/07 8:25 PM |
        お得情報
        お得情報 見ないと損!!
        | お得情報 レビュー ! | 2012/02/07 11:24 PM |
        高血圧改善法 詐欺!?レビュー 暴露
        高血圧改善法 詐欺!?レビュー 暴露 見ないと損!!
        | 情報 暴露 レビュー 詐欺!? | 2012/02/08 1:20 AM |
        お得情報
        お得情報 レビュー 口コミ  見ないと損!!
        | お得情報 口コミサイト | 2012/02/10 9:52 PM |
        人間操作術プログラム 詐欺!?レビュー 暴露
        人間操作術プログラム 詐欺!?レビュー 暴露 見ないと損!!
        | 情報 暴露 レビュー 詐欺!? | 2012/02/11 5:27 PM |
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE