NIPPON NEWS LOG

重要記事収集サイト
<< 米朝、23日に北京で核協議=金正恩体制始動後、初対話 | main | 北朝鮮の軍事力 写真特集(2) >>
北朝鮮の軍事力 写真特集(1)
0
     

    http://www.jiji.com/jc/d4?d=d4_mili&p=nkm225&rel=y&g=int



    北朝鮮の軍事力 写真特集



    d4_mili/nkm225-jlp02451871.jpg





    d4_mili/nkm225-jlp09964023.jpg


     北朝鮮・平壌で行われた労働党創建65周年記念の軍事パレードに登場した軍用車両。右側の装輪式装甲車は型式不明で、旧ソ連製の装甲車には該当するタイ プがなく、北朝鮮オリジナルの可能性がある。左側の戦車はT62もしくはT62を北朝鮮で改良した「天馬」戦車とみられる(2010年10月10日) 【AFP=時事】



    d4_mili/nkm225-jlp09739047.jpg

    d4_mili/nkm225-jlp05196499.jpg

     北朝鮮・平壌で行われた軍事パレードに登場したミサイルと運搬車両。ミサイルの外見と大きさから旧ソ連製のOTR21トーチカをコピーした短距離弾道ミ サイルKN02とみられる。OTR21は固体燃料式の1段ロケット推進で全長6.4メートル。スカッドなどの中距離弾道ミサイルに比べると小型で、射程距 離も最大120キロと短く、朝鮮半島内での使用を前提とした戦術ミサイルだと思われる(2007年04月25日) 【AFP=時事】





    d4_mili/nkm225-jlp08811916.jpg




     北朝鮮の国営メディアである朝鮮中央通信が「朝鮮人民軍近衛ソウル柳京守第105戦車師団管下の区分隊による戦車訓練」として配信した写真。写っている 車両は旧ソ連製のPT76水陸両用軽戦車とみられる。小型の砲塔に76.2ミリ砲を搭載し、水上浮航能力を持つ。1950年代に旧ソ連が生産した車両で、 兵器としてはかなりの旧式。この訓練を金正日総書記が視察したとされるが、写真の車両は車体後部左側のエンジンカバーが外れたままのように見える (2010年01月07日) 【朝鮮通信=時事】



    d4_mili/nkm225-jlp10155217.jpg

     北朝鮮・平壌で行われた労働党創建65周年記念の軍事パレードで行軍するミサイル部隊。外見から旧ソ連製の短距離弾道ミサイルをベースに北朝鮮が開発し た「ノドン」の改良型「ノドン2」とみられる。ノドンは全長約16メートル、液体燃料の1段式ロケットで推進し、弾頭重量約800キロで最大射程距離は 1300キロ程度。ノドン2は弾頭を軽量化し、その分、射程距離が1500キロまで伸びたとされる。両者とも、主に日本を標的としたミサイルではないかと されている(2010年10月10日) 【EPA=時事】




    ノドンは北朝鮮が開発した弾道ミサイル。射程約1,000〜1,300km といわれ、ほぼ日本全土を射程に収め、配備数は150-320基といわれている。(中国のDF21中距離弾道弾のうち日本を射程に収める東北地方(満州)に配備されているのは24基でノドンの配備数は突出して多い)投射能力的には核・化学弾頭の装着が可能な弾道ミサイルである。
     

    冷戦期はABM制限条約のため、米ソとも有効な弾道弾迎撃手段を構築できなかったため、弾道ミサイルを直接的に迎撃する手段が非常に限られていた。現在進行するミサイル防衛は全面核戦争のような多数の弾道ミサイル同時投射を対象としていない。


    韓国を攻撃するにはスカッドで十分な為、攻撃目標は朝鮮半島で南北の軍事衝突が発生した場合に韓国を救援するであろう在日米軍基地、ならびにそれを支援する自衛隊基地、そして一般市民を目標とした全国市街地だと考えられている。


    ノドンに搭載可能な(そして軍事作戦に投入できるだけの信頼性を持つ)核弾頭が実用化されれば、配備すべき所要量は少数でも効果を挙げることができるが、核弾頭の実用化、小型化、信頼性確保、量産化と越えるべきハードルは多い。


    北朝鮮のGDPは1.2-2兆円にすぎないが、朝銀事件[1]・日本のパチンコ業者からの送金・朝韓合弁事業収益・ミサイル輸出収益・麻薬偽札収益で国家税収を上回る収益を主として日韓から合法・不法に吸い上げており、その大部分を核ミサイル開発につぎ込んでいると推定される事北朝鮮の収益構造の判り易い解説


    脱北核技術者(爆薬)が2001年時点で高さ1m直径1mの核爆弾を目撃したと証言しており、この時点でファットマンより小型化が進行していた事産経新聞当該記事


    2008年に「核の闇市場」関係者のスイス人が逮捕されたがそのPCからミサイル用小型核弾頭設計図が発見されて小型核弾頭の設計図が闇市場で流通していた疑いが濃厚な事。産経新聞の当該記事


    米国の調査機関ISISが2007年に北朝鮮は3個の小型核弾頭を持っている可能性があると報告している事。ISIS報告書8P参照


    北朝鮮が中国に事前通告した2006年核実験の設計出力は4kt(長崎型ファットマンは22kt)で、最初から難度の高いミニニュークに挑んだ可能性がある事は科学者等に指摘されていたが[2]、実際北朝鮮が申告した核実験のプルトニウム使用量は核分裂下限といわれる2kgで懸念が裏書された。読売新聞当該記事


    ミニニューク:従来は長崎原爆のプルトニウム6kg使用22ktが爆縮原爆の最小量と見なされていたがトーマスコクラン博士等の再検討結果 では先進国でプルトニウム1kg、途上国で1.5kgが最小という報告がなされている。日本の核物理学者は2kgと判定した。これらプルトニウム 1-2kg使用、爆発威力3-6ktの核兵器をミニニュークという。


    アメリカ、欧州、日本の軍事衛星や陸域観測衛星が常に巡回をしているため、ミサイルの固定発射施設の存在はある程度判明しているが、ノドンミサイルは移動可能なため、発射の兆候はつかみにくいとされる。



    d4_mili/nkm225-jlp09964242.jpg



     北朝鮮・平壌で行われた労働党創建65周年記念の軍事パレードで行軍するミサイル部隊。米国が「ムスダン」と呼ぶ中距離弾道ミサイルとみられ、大型の起 倒式自走発射機に搭載されている。ムスダンの性能についてはほとんど分かっていないが、旧ソ連の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「SSN6」をベース にしたとみられ、射程距離は最大5000キロに達するとの情報もある(2010年10月10日) 【AFP=時事】






    d4_mili/nkm225-jlp11357054.jpg

     北朝鮮・平壌で行われた軍事パレードに登場した自走ロケット砲。BM24と呼ばれる旧ソ連製の240ミリロケット砲をトラックに搭載したもので、最大射 程はおよそ10キロ。1950年代に開発された旧式兵器で、ロケット弾は無誘導だが、近距離での面的制圧には効果を発揮する(2011年09月09日) 【AFP=時事】



    d4_mili/nkm225-jlp11353868.jpg

     北朝鮮・平壌で行われた軍事パレードに登場した多連装ロケット砲。台車の上に18連装のロケット発射機を取り付けただけの簡易な兵器で、それを民生用と 思われるトラクターでけん引している。拠点防衛用の兵器という位置付けで、機動力は必要ないのかも知れないが、旧式装備であることは間違いない(2011 年09月09日) 【EPA=時事】







    d4_mili/nkm225-jlp01268598.jpg


     1992年4月に北朝鮮・平壌で行われた朝鮮人民軍創建60周年慶祝閲兵式典の軍事パレードに登場したミサイル部隊。装軌式の装甲車に大型ミサイルを搭 載しており、ミサイルは外見から中国製のシルクワーム地対艦ミサイルかその改良型とみられる。シルクワームは旧ソ連製のP15(SSN2)スティクス対艦 ミサイルをベースに中国が開発したもので、最大射程は100キロ程度とされる。北朝鮮は中国から供与されたシルクワームをさらに改良し、射程距離は160 キロまで延伸したとの情報もある。北朝鮮は海軍力が貧弱なため、沿岸防備用としてこうした地対艦ミサイルを日本海、黄海沿岸に配備している(1992年 04月25日) 【AFP=時事】





    d4_mili/nkm225-jlp01195821.jpg

     1992年4月に北朝鮮・平壌で行われた朝鮮人民軍創建60周年慶祝閲兵式典の軍事パレードに登場した対空ミサイル部隊。旧ソ連製の中高高度迎撃用対空 ミサイルSA2とみられる。1950年代に開発された兵器で、旧ソ連から供与されたほか、北朝鮮国内でもライセンス生産されたとされる。固定燃料ブース ターと液体燃料ロケットの2段式で最大射程は30キロ程度。21世紀になっても北朝鮮国内に配備されていると思われるが、誘導方式などは相当に旧式で、実 戦に耐えられるかどうかは分からない(1992年04月25日) 【朝鮮通信=時事】


    d4_mili/nkm225-jlp00510613.jpg
     
     1998年8月31日に北朝鮮が咸鏡北道の舞水端里発射場から打ち上げた弾道ミサイル「テポドン1号」のテレビ映像。ミサイルは2段式で、飛翔体は日本 列島を飛び越え、三陸沖と太平洋に落下した。テポドン1号はスカッドミサイルをベースに北朝鮮が開発した液体燃料1段式の「ノドン」ミサイルに2段目の液 体燃料エンジンを継ぎ足したものとされ、全長は25.8メートル。最大射程は2200キロにも達し、日本列島全体が射程内に入っている(1998年08月 31日) 【AFP=時事】




    d4_mili/nkm225-jlp08751877.jpg

     2009年4月5日に北朝鮮が咸鏡北道の舞水端里発射場から打ち上げた弾道ミサイル「テポドン2号」のテレビ映像。北朝鮮は06年にテポドン2号の打ち 上げに失敗しており、これはその改良型とみられる。テポドン2改良型は3段式で、液体燃料式と固体燃料式を組み合わせたものとみられるが、詳細ははっきり しない。旧ソ連のロケット技術をベースにしながら、北朝鮮が独自に開発した技術も導入されているとみられる。北朝鮮はこれを「銀河2号」という宇宙ロケッ トで、人工衛星の軌道投入に成功したと発表しているが、衛星が打ち上げられた形跡はない。長距離弾道ミサイルとしては射程が最大6700キロにも達すると みられ、ハワイや米アラスカ州にも照準を合わせることができる(2009年04月05日) 【AFP=時事】


    | NNL | 韓国・北朝鮮−軍事− | 19:21 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 19:21 | - | - | - | - |









      http://nnl.jugem.jp/trackback/2520
      デキ婚の代償はお幾ら?ダンナ逃亡で島袋さつきさんご臨終(〃'∇'〃)
      たかみな事件を葬るための工作か、黒木メイサさんと二代目押尾さんの電撃婚が話題となっています。赤西仁との電撃入籍で世間を驚かせた黒木メイサが3月4日に予定していたセカンドアルバム「UNLOCKED」購入者を対象にしたイベントを中止したことが12日、分かっ
      | Go!Go!NEWs!!075 for FC2 | 2012/02/15 12:49 AM |
      -
      管理者の承認待ちトラックバックです。
      | - | 2012/02/15 12:55 PM |
      ユニバーサルFX 詐欺!?レビュー 暴露
      ユニバーサルFX 詐欺!?レビュー 暴露 見ないと損!!
      | 情報 暴露 レビュー 詐欺!? | 2012/02/15 10:11 PM |
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + RECENT TRACKBACK
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE