NIPPON NEWS LOG

重要記事収集サイト
<< 拉致被害者を強制移住 救う会が情報入手 | main | 北の政治犯収容所、収監理由は「脱北」が最多 >>
「自衛的国防力」で米国に対抗、「二重基準だ」と米非難…労働党機関紙
0
     http://sankei.jp.msn.com/world/news/120429/kor12042916510004-n1.htm

    【正恩新体制】

    「自衛的国防力」で米国に対抗、


              「二重基準だ」と米非難…労働党機関紙


    2012.4.29 16:50


     北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は29日、米国の核政策を非難する解説記事を掲載、米国に対抗するための「自衛的国防力」強化の必要性を強調した。3回目の核実験実施の可能性には言及していない。


     記事は、米国の核政策が友好国には兵器開発まで黙認する一方で、敵対国の場合には平和利用すら問題視する「二重基準」を設けていると主張。「わが人民は常に(米国の)核の脅威に直面しているが、無謀な恐喝政策はわれわれには絶対に通用しない」と訴えた。

     同紙は国際情勢を概観した別の記事でミサイル開発にも言及。「衛星」打ち上げと称したミサイル発射を非難した国連安全保障理事会の議長声明を批判し「自主権が踏みにじられる限り、正義は自らの力で守らなければならない」と重ねて国防力強化の重要性を主張した。(共同)

    | NNL | 韓国・北朝鮮−外交− | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 17:35 | - | - | - | - |









      http://nnl.jugem.jp/trackback/3123
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + RECENT TRACKBACK
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE