NIPPON NEWS LOG

重要記事収集サイト
<< 平成20年の記事から 北の女スパイ全貌(5) | main | 中国が北朝鮮にミサイル関連物資、シリア輸出の介在も…安保理決議に違反 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    平成20年の記事から 北の女スパイ全貌(6完)
    0
       

      【衝撃事件の核心・特別版】

      北の女スパイ全貌(6完)

       日本潜入3回、韓国帰国後に即逮捕


      2008.9.23 11:49
      (1/4ページ)
      北朝鮮の女スパイ、元正花被告のアルバム写真(ロイター)

      北朝鮮の女スパイ、元正花被告のアルバム写真(ロイター)

       脱北者を装い韓国でスパイ活動をしていた北朝鮮国家安全保衛部(秘密警察)の女工作員、元正花(ウォン・ジョンファ)被告(34)は、韓国当局に国家保安法違反容疑で逮捕される前日まで日本に滞在していた。指令は「北朝鮮の重要情報を持ち去った日本在住の脱北者を探せ」。捜査の手が迫っていることにウォン被告はまったく気づいていなかった。凄絶な一連のスパイ活動はあっけく幕を閉じた。

       

      安保講演52回、将校らの名刺を収集

       ウォン被告は2006年9月初句、脱北者たちが韓国の軍部隊を回りながら将兵を対象に、北朝鮮についての話をする「安保講演」を始める準備に着手した。目的は、部隊の指揮官の人定調査と軍事機密を収集すること。

       自宅のパソコンを使い、インターネットで北朝鮮離脱住民後援会のサイトに接続し、電話番号を確認した。その後、後援会の事務所を訪ねた。

       ウォン被告は後援会の会長に懇願した。

       「私は中国で男と誤った出会いをし、その男が妊娠させて逃げて行ったので、捕まえるために韓国に来ました。やっていた事業もつぶれて米を買って食べるお金もありません。生活が苦しいので助けてほしいのです」

       北朝鮮ではどんな仕事をしていたのかたずねる会長に、ウォン被告は「价川で教化所の教導官として勤務していました」と答えた。北朝鮮側が描いたストーリー通りに話を進めたのである。

       「それなら、軍部隊の講義に回ってみなさい」

       会長はそう言うと、韓国の情報機関、国家情報院の情報部員に電話をし、ウォン被告の安保講演を依頼した。

       その後、ウォン被告は軍部隊の安保講演の講師として選定された。06年9月下旬ごろ、携帯電話で中国にいる保衛部の幹部要員に電話し、「安保講演の講師に選ばれました。一生懸命任務遂行できるよう頑張ります」と報告した。

       ウォン被告は06年11月28日から07年5月30日ごろにかけて、安保講演をしながら、陸軍の戦車大隊や、複数の砲兵大隊、複数の連隊、整備大隊、軍犬訓練所、補充部隊、連隊水索中隊、航空作戦司令部航空大隊などの所在地を確認。複数の中佐や少佐の名刺を収集した。



       ウォン被告が行った安保講演活動は全部で52回。軍事機密収集や軍指揮官の身上把握、軍将兵の敵対感弱化に努めるとともに、北朝鮮軍の優越性を宣伝したこともあった。

       

      暗号は「たこの2番目の件」

       ウォン被告は、中国にある保衛部の拠点と連絡を取る際、事前に「暗号」を使うという取り決めをしていた。報古する軍将校の名刺や軍部隊の位置などは「たこ2番目の件」として話をすることになっていた。

       ウォン被告は07年5月末ごろ、中国にいる幹部要員に電話をかけた。

       「『たこ2番目の件』はどうしますか?」

       幹部要員は「『たこ2番目』は、スポーツ刈りで図休が大きな人がくるだろう。その人に渡せ」と指示した。

       その言葉通り、07年6月12日ごろ、韓国のウォン被告の家に、スポーツ刈りで図体が大きな30代半ば男(身長約180センチ)がたずねてきた。ウォン被告はその間収集した軍将校らの名刺約70枚、部隊の位置やその場所に行く方法を書いた紙、メモなどを黄土色の大きな封筒に入れて男に渡した。

       大胆にも韓国内で北の工作機関関係者が直接、接触していたのだった。

       

      日本潜入指令…情報持ち出した脱北者探せ

       ウォン被告は日本でも工作活動を行おうとしていた。

       ときはさかのぼり、06年12月末。中国にいる幹部要員から「立ち寄れ」と指示されたウォン被告は瀋陽に入った。

       北朝鮮タンドン貿易代表部で、幹部要員から日本潜入の指令を受ける。

       「(北朝鮮の)咸鏡北道金策市に住んでいた金○○という女がいる。年は50代前半だ。その女が北朝鮮の重要な情報を抜き取り出して日本に行った。お前が日本に行ってこの女がどこに住んでいるのか把握しろ。韓国の女たちが日本に嫁に行くと、主に仙台などに集まって暮らす。だから、仙台の方に一度行って、金○○がいるか調べろ」


       幹部要員は、朝総連(在日本朝鮮人総連合会)の「黄」と「李」という男らの日本の電話番号をウォン被告に渡した。「彼らに連絡して助けを受けろ。日本に行って彼らに会ったら、私に直接電話を繋いでくれ」と指示し、工作資金5000ドルを渡した。

       それを受け取ると、ウォン被告は韓国に戻っていった。

       

      探査対象の脱北女性は仙台に

       日本潜入の指令を遂行するため、ウォン被告は07年6月13日ごろ、仁川国際空港から大韓航空機(KAL)を利用して、成田空港に到着した。大阪に居住する朝総連の「李」に連絡した。

       「日本に到着しました。大阪にいってまた電話します」

       ウォン被告はそういって電話を切ったが、再び電話してもつながらなくなってしまった。

       結局、6月18日まで宮城県川崎町にいる仲介人の家に身を置いた。仲介人の車に乗って、仙台方面に向かい、日本人と結婚した韓国人女性たちの家を回りながら、「知り合いのお姉さんだが、北朝鮮の人で金○○といいます。その人がどこに住んでいるか知っていますか?」と尋ねて回った。

       だが、知っている人はひとりもおらず、一旦韓国に戻った。

       ウォン被告は韓国から中国にいる保衛部の幹部要員に電話をかけ、「金○○を捜しに日本に行きましたが、捜せませんでした。再び日本に行くつもりです」と報告。幹部要員は「分かった。忙しい。今、話をすることができない」と言って電話を切ってしまった。

       ウォン被告はその年の8月にも金○○の居所を把握しようと仙台に行ったが、失敗している。

       そして、08年5月8日、三度目の日本潜入を実行した。また大阪の「李」に連絡して、「ウォン・ジョンファです。日本に来ました。大阪に行くこともできます。これから行きますから、待機していらしてください」と話した。

       ところが、「李」にはまたしても会うことができなかった。



       関係者などの協力を得て、引き続き金○○の居場所を捜していたところ、仙台で、「金○○を知っている」という女性と会った。ただ、そのときに、ウォン被告が直接、金○○に会うことはできず、仕方なく韓国の自宅や携帯電話の番号を女性に渡し、連絡してもらえるよう手配して、7月中旬に韓国に戻った。

       《ウォン被告の起訴状には、その後、金○○とコンタクトできたかなどについては一切触れられていない。また、金○○が北朝鮮のどんな情報を持ち出したかも記されていない》

       

      ダブルミッション…あっけない幕切れ

       なぜ、ウォン被告が、金○○の所在確認を中途半端に切り上げたのは定かではないが、実は日本滞在中に、別のミッションも受けていたのだ。

       中国にいる保衛部の幹部要員から、ウォン被告は、韓国で暮らす脱北者の身元照会を命じられた。ウォン被告は5月13日ごろ、日本から韓国の軍人、黄○○大尉に電話して、「次の安保講演の講師は誰なのか確認して、教えてほしいの」と依頼した。

       《ウォン被告は黄大尉と、06年11月の第○○師団○○連隊○○大隊の安保講演に行って知り合った。その後も接触し、07年3月中旬に性的関係を持って抱き込んだ相手だった》

       黄大尉からの折り返しの電話で、講師は、チョン・○○とユ・○○と分かった。「チョン」は身辺保護対象となっており、北朝鮮では外貨稼ぎをしていた。「ユ」は○○連隊でも講義をしたことがあるという情報をつかんだ。

       ウォン被告は日本滞在中の6月初旬、把握した「チョン」と「ユ」の人定情報を中国の北朝鮮タンドン貿易代表部にいる幹部要員にに電話して報告した。

       フィナーレは近づいていた。

       7月14日に日本を発ち韓国に戻ったウォン被告は、翌15日、韓国当局に国家保安法違反容疑で逮捕されたのだった。


      | NNL2 | 韓国と北朝鮮との関係 | 08:41 | comments(0) | trackbacks(6) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 08:41 | - | - | - | - |









        http://nnl.jugem.jp/trackback/3229
        婚活ラブラック詐欺 返金ならTCA総合探偵事務所
        婚活ラブラック/返金・解決お任せ下さい!出会い系詐欺 サクラ被害 詐欺返金 被害返金 詐欺被害 無料相談 TCA総合探偵事務所
        | トラブル解決無料相談センター | 2012/06/13 12:23 PM |
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2012/06/13 6:24 PM |
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2012/06/14 4:48 AM |
        会える近所ナビ詐欺 返金ならTCA総合探偵事務所
        会える近所ナビ/返金・解決お任せ下さい!出会い系詐欺 サクラ被害 詐欺返金 被害返金 詐欺被害 無料相談 TCA総合探偵事務所
        | トラブル解決無料相談センター | 2012/06/14 11:42 AM |
        ラブツイート詐欺 返金ならTCA総合探偵事務所
        ラブツイート/返金・解決お任せ下さい!出会い系詐欺 サクラ被害 詐欺返金 被害返金 詐欺被害 無料相談 TCA総合探偵事務所
        | トラブル解決無料相談センター | 2012/06/15 12:16 PM |
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2012/08/17 2:49 AM |
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE