スポンサーサイト

  • 2019.10.09 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    “ミサイル発射”発表 北朝鮮の狙いは

    • 2012.12.02 Sunday
    • 08:40
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20121202-00000003-nnn-int

     

    “ミサイル発射”発表 北朝鮮の狙いは


    日本テレビ系(NNN) 12月2日(日)2時45分配信


     北朝鮮は1日、事実上の長距離弾道ミサイルを今月10日から22日までの間に発射すると発表した。北朝鮮の狙いについて、韓国・ソウル支局の玄記者が報告する。

     北朝鮮は北西部・東倉里から「人工衛星を打ち上げる」と発表した。国際機関への通告は現時点で確認されておらず、詳しいルートは明らかではないが、「南に向けて」打ち上げるとしており、沖縄などの上空を通過する可能性がある。

     北朝鮮は「4月に失敗した衛星打ち上げの欠陷を分析し、衛星と運搬ロケットの信頼性と精密度を改善する作業を進めた」と自信を見せている。

     また、今回の発射は「人民を力強く励ますだろう」としており、4月の失敗を挽回するとともに、金正恩第1書記の権威向上など国威を発揚する意図が伺える。

     問題は、「今月10日から22日の間」とする発射の時期で、この間に日本では16日に衆院選の投票があるのに加え、韓国でも5年に一度の大統領選の投票 を19日に控えている。北朝鮮に融和的な野党の候補を後押しする他、韓国の次期政権との協議で主導権を握る狙いもありそうだ。

     また、来月に2期目が発足するアメリカのオバマ政権に対しては、新たなミサイル発射で国際的な危機を演出し、アメリカを協議の場に引きずり出したい考えで、日米韓の新政権発足を前に、揺さぶりをかける思惑がある。

     しかし、国際社会の反発は必至で、韓国の外交通商省は、深刻な憂慮を表明した上で「発射を強行すれば国際社会の強力な対応に直面する」と警告した。

     北朝鮮としては、国際社会の反発に加え、「失敗」というリスクも承知した上で新たなミサイル発射という賭けに出たとも言えそうだ。

    スポンサーサイト

    • 2019.10.09 Wednesday
    • 08:40
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM