日本の極右団体が「慰安婦少女像」設置を妨害

  • 2013.07.29 Monday
  • 22:50
 


日本の極右団体が「慰安婦少女像」設置を妨害


勢力結集して大々的に抗議メール

ロス・ブエナパーク市議会、慰安婦像設置計画を保留


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/07/27/2013072700463.html?ent_rank_news


 旧日本軍慰安婦少女像の設置を検討していた米国ロサンゼルス・ブエナパーク市議会は日本の極右勢力から数百通の抗議メールを受けたこ とから、設置検討を保留したことが分かった。米国で推進されている慰安婦少女像設置の動きを阻止しようと、日本の妨害工作が本格化している。

  ブエナパーク市議会は「市内に慰安婦少女像を設置しよう」という地元韓国系住民団体「カリフォルニア州韓米フォーラム」の提案を検討するため23日午後に 公聴会を開いたが結論は出ず、事案の決定を9月に延期した。地元日刊紙「オレンジ・カウンティー・レジスターが25日(以下、現地時間)報じた。この事案 をめぐり、少女像設置に反対する勢力は22−24日に地方公務員や記者に合計315通のメールを送ったという。同紙は「そのほとんどは日本から届いたもの で、本文の内容は同じだった」と報じている。

 本紙が確認したところ「正義と平和のための日本女性たち」という名前の日本の 極右団体が最近までホームページに「慰安婦は自発的に売春した女性」という内容の電子メール用サンプル文を掲載、ネットユーザーたちに抗議メール送信を促 してたことが分かった。この団体は今年1月、ニューヨーク州議会の旧日本軍慰安婦強制動員糾弾決議案採択のときも同様の方法で阻止しようとして失敗してい る。このときニューヨーク州議会に送信されたメールには「米軍基地周辺にも娼婦村があった」などの文章があった。アート・ブラウン・ブエナパーク市議会議 員は検討保留を決定について「慰安婦問題の提起自体には妥当性を認めるが、(少女像設置は)判断の時間がさらに必要だ」と述べた。

 カリフォルニア州韓米フォーラムが設置を提案した少女像は制作費3万6000ドル(約350万円)で、管理費全額を同フォーラムが負担するとしている。

ニューヨーク= 張祥鎮(チャン・サンジン)特派員

スポンサーサイト

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 22:50
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM