NIPPON NEWS LOG

重要記事収集サイト
<< 大韓サッカー協会「特に対応しない」=韓日戦横断幕 | main | 危うい韓国 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    サッカー「反日」横断幕、呉善花さん入国拒否
    0
       

      【桜井紀雄の劇的半島、熱烈大陸】

      サッカー「反日」横断幕、呉善花さん入国拒否


      …韓国にはびこる“超法規”のわけ



      2013.8.4 12:00
      (1/6ページ)桜井紀雄の劇的半島、熱烈大陸


      サッカー東アジア・カップ日韓戦で韓国応援団が掲げた横断幕。「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれている=28日、ソウルの蚕室五輪スタジアム


       サッカー東アジア・カップ男子日韓戦で韓国応援団が「歴史を忘れた民族に未来はない」と書いた横断幕を掲げた問題で、韓国世論は「日本側が旭日旗 を振って刺激したのが発端だ」と開き直りをみせている。「民度が問われる」との閣僚発言にもかみついた。韓国に対する辛口評論で知られる呉善花さん (56)が入国を拒否される問題も起きた。韓国では「反日」となるとなぜこうもルール無視や法律の拡大解釈がまかり通るのだろうか。

      「自制すべきだった」が一転…

       横断幕問題について日韓双方の報道などから経緯をたどるとこうだ。

        7月28日にソウルで行われた日韓戦で試合開始前後、韓国側スタンドでは初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した独立運動家の安重根や文禄・慶長の役 (1592〜98年)で豊臣秀吉軍を破った将軍、李舜臣を描いた垂れ幕が登場。スタンドから歓声が上がる。続いて「歴史を忘れた民族に未来はない」と韓国 独立運動家の言葉を書いた巨大横断幕が掲げられた。

       一方、日本側応援席では試合開始前にファンが大きな旭日旗を振ろうとして係員に制止された。

       横断幕に対しても韓国サッカー協会が政治的主張に当たるとして撤去を要請。試合後半には撤去されたが、韓国サポーターの「赤い悪魔」は協会の措置に抗議し、後半戦の応援をボイコットした。


       韓国サッカー協会の副会長は韓国スポーツ紙の取材に「ロンドン五輪でも朴鍾佑(パク・ジョンウ)選手が『独島(竹島の韓国名)は韓国の領土』と書 いたプラカードを持ってペナルティーを受けた。FIFA(国際サッカー連盟)がサッカー場で政治的な行動を厳格に禁じているので、今回の赤い悪魔の応援は 自制すべきだった」と述べており、協会は横断幕の問題性を明らかに認識していた。

       有力紙、東亜日報が社説で「軍国主義の象徴の旭日旗を 振った」日本側も問題だとしながら「どちらも相手への配慮を欠いた軽薄な行動だった。国粋主義的愛国心に基づいた応援はスポーツを政治で汚すことになりか ねない」と主張するなど、韓国国内で横断幕に対する批判も上がった。

      「旭日旗が発端」と開き直り

        ところが、韓国サッカー協会が7月31日に東アジア・カップ主催者の東アジア連盟に送り、ホームページ(HP)で公開した文書は「日本の応援団が旭日旗を 振り、私たちの応援団を強く刺激したのが事態の発端でした」と責任を日本側に転嫁し、「日本政府の閣僚まで韓国を非難したことは非常に遺憾。韓国の首都の 真ん中で旭日旗で応援した事実には目を向けず、韓国側の行為だけを浮き彫りにする態度は中断されなければなりません」と日本を責め立てる内容だった。

       「閣僚の非難」とは、下村博文文部科学相が30日に横断幕について「その国の民度が問われる。スポーツの場で政治的なメッセージが掲げられたのは遺憾だ」と発言したことを主に指している。


       この発言に対しては韓国外務省も「わが国民に対し無礼な発言をした」と即座に反応。韓国メディアも「妄言を繰り返す政治家を放置し、あおるなら日本国民自ら民度を下げる結果を招くだろう」(中央日報)と一斉にかみついた。

       渦中の「赤い悪魔」はHPで応援ボイコットについて「遺憾」の意を表明したが、横断幕については「政治的な主張になるのかよく分からない。(日本側が)より扇情的な横断幕を掲げていた」とそもそも問題意識さえ示していない。

        韓国紙の報道によると、韓国応援団の横断幕を撤去させた韓国サッカー協会の対応に対してHPには「親日的だ」「長いものに巻かれる事大主義的対応だ」と非 難するコメントが寄せられていたという。31日の公開文書を読めば、「反日」世論に押され、日和ったとみられても仕方がない。

       単純化された「反日」論を前に「国や個人の主張はともかく、スポーツの場で政治的な主張はしないという最低限のルールは守りましょう」という根本的な問題がかき消されてしまっている。

      法律も恣意的解釈?

       似た構図は、韓国出身の評論家で拓殖大学教授の呉善花さん=日本国籍=の入国拒否でも見て取れる。

       呉さんによると、おいの結婚式に参加するため、7月27日午前にソウルの仁川空港に到着したところ、入国審査で別室に通され、係員から「あなたは入国できません」と告げられた。


       理由を尋ねても「上からの命令だから」「言えません」と繰り返すばかりで結局、夕方の便で日本に帰国させられた。到着した成田空港で自分のパスポートと一緒に1枚の書類を渡された。紙には送還について「出入国管理法76条により」とだけ記されていた。

       同法76条には、11条で入国を禁止や拒否された外国人を遅滞なく韓国外に送還しなければならないと記されている。

       11条には、韓国の利益や安全、経済・社会秩序または善良な風俗を害する行動を取る恐れがあると認めるに足る外国人に対し、入国を禁止することができると定めている。

       ときに日本を評価し、韓国に厳しい呉さんの著作活動からこの条文が拡大解釈され、適用された可能性が高い。

       ただ、呉さんによると、2007年に一時入国を拒否されたことがあるが、その後は問題なく入国でき、今年4月末にも入国が許可されていたという。このことから、呉さんは最近の韓国での「反日」世論が影響しているのではいかとみている。

       4月末に韓国で「極右」のレッテルが張られている安倍晋三首相と会食した呉さんに対して韓国メディアは「韓国に対し偏見をあおり、日本国内で嫌韓論を広める一翼を担ってきた極右派の人物」(朝鮮日報)と非難する記事を掲載していた。

       これを受けた入国拒否ならあまりにも恣意(しい)的としか言うほかない。


      言論の自由はどこに?

       呉さんが7月31日の日本外国特派員協会での記者会見で、韓国政府の対応とともに大きな問題として訴えたのが韓国メディアの論調だ。

       韓国メディアは、呉さんを否定的に取り上げるばかりで、人権や言論の自由の侵害という問題にはこれまでのところ一切、目を閉ざしている。

       著作活動を理由として入国拒否がまかり通るなら民主主義国家としての韓国の危機だと言わざるを得ない。だが、「極右」や「親日」といったレッテル張りが前面に出てこのような冷静な議論が出てこない。

       この問題の背景について外国人記者から質問され、呉さんは興味深い持論を語った。

       それをごく短くまとめると、(1)日本人と韓国人は9割が似ているため、きょうだいのような錯覚が起き、それがトラブルの原因になる。残る1割が根源的な違いだ。

       (2)山や川などあらゆる自然に神々を見いだしてきた日本人にとって唯一絶対的な存在はなく、相手の意見を受け入れようという土壌が日本にはある。

       (3)それに対してこのような神々の存在を排してきた儒教の伝統が根付く韓国では、思想は一つ、唯一絶対の思想を信奉する傾向が強い。

       北朝鮮は金日成主席や金正日総書記の思想を「唯一絶対」だと国民に押し付けているが、“唯一絶対”を振りかざすのは何も北朝鮮の専売特許ではなく、思想でいえば南北とも相似形といえる。


       韓国で歴史問題が論じられるとき、よく「正しい歴史」という言い方がされる。そもそも歴史は立場や見方によって百八十度違うものだという考え方がなかなか韓国では受け入れられない。

        戦時中の徴用をめぐり、日本企業に賠償を命じる判決が韓国で相次ぎ出されているが、これも「唯一絶対思想」の影響がうかがえる。「反人道的不法行為が行わ れたのだから」と“絶対的正義”を振りかざして日韓請求権協定で解決済みだとの日韓両政府の外交上の取り決め、つまり国際ルールを吹き飛ばしてしまってい る。

       横断幕の問題でも「われわれの主張は何ら間違っていない」、それに対して旭日旗は「“絶対悪”の軍国主義を想起させる悪いものだ」との決め付け、いうなれば、韓国国内でのみ通用する「唯一絶対的正義」がスポーツの場でのルールを押しやってしまっている。

       呉さんの入国拒否問題でも韓国で“絶対悪”とみなされる「極右」「親日派」のレッテル張りにより、ひとそれぞれ考え方は違うという相対主義を担保し、民主主義の根幹をなす言論の自由がないがしろにされている。

       相手がどうであれ、まずはルールを守るべきだ。気にくわない相手でも法律を盾にむやみに入国拒否することはあってはならない−。こんな声が世論で大勢を占めたとき、韓国は本当の意味で「開国した」といえるのかもしれない。(外信部記者)






      | NNL2 | 韓国・北朝鮮−歴史・文化− | 17:00 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 17:00 | - | - | - | - |









        http://nnl.jugem.jp/trackback/3320
        日経 「韓国人は現実が見えていない。反日をすればするほど嫌韓はどんどん増える」
        これでは日本のなかに嫌韓派を増やすばかり日本企業に対し元徴用工への損害賠償が命じられ、サッカー会場では政治的な横断幕が掲げられ、米国内には従軍慰安婦像が設置され……。振り返れば去年8月に当時の李明...
        | 韓国ファンのための2ちゃんねるまとめ | 2013/08/04 6:02 PM |
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE