NIPPON NEWS LOG

重要記事収集サイト
<< 韓国橋の崩壊と日本・パラオ友好の橋建設 | main | 法や秩序無視の韓国人 海外で過去4年の国外退去処分2111人 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    建設業の日韓戦 マレーシア『ペトロナスタワー』
    0
       




      建設業の日韓戦 マレーシア『ペトロナスタワー』


      テーマ:

      韓国の手抜き工事のもっと有名な事例がマレーシアにある。

      “マレーシアの象徴”ともいわれる、マレーシアの石油会社が所有する
      当時世界一の高さを誇るツインビル「ペトロナスタワー」でも韓国業者の手抜き工事があった。これも日本に少し関わりがある。

      そもそもペトロナスタワーは、日本のハザマ建設が受注していた物件だった。だが、ライバル心を燃やした韓国の業者が強引なやり方で割り込んできたため、結局、『2つの塔が連なる1つのビルを日韓の業者が1塔ずつ受け持つ』という珍妙な形で受注することになった。

      それだけでも充分迷惑な話なのだが、韓国の業者は建築過程でも、日本側が作り上げた設計図を「共同工事だからいいだろう」といって勝手に持ち出してコピーして盗用したり、日本側が作業する様子を逐一双眼鏡で覗き続けたりと、韓国人特有の反日主義とライバル意識を剥き出しにして“日本を出し抜くように”仕事をしていた。


      そして外見はほぼ同じデザインの2塔が連なるペトロナスタワーが完成した。

      世界でも目を引く高層タワーである、すぐに日本側のタワーには各階・各室ともテナントが入り満室に近い状態になったのだが…。 しかし、韓国側のタワーにだけはあまり借り手がつかずテナントがほとんど埋まらない寂しい状況が続いている。

      それはなぜか。


      「韓国のビルは傾いていた」のである。
      国立マレーシア大学建築研究チームの調べで、 『韓国側のタワーに倒壊の危険性』が指摘されたのである。 要するに土台工事の手抜きなどで韓国側のタワーが徐々に傾いているのだ。そんな危険なビルに好き好んで入る会社はいない。見た目のデザインはほぼ同じ2つのタワーなのだが、夜になって外から2つのタワーを見れば一目瞭然。灯りが少なく、人の気配がない暗いタワーが韓国製である。

      ビルが傾いていることを知らされた韓国人がどう反応したか。

      ここまでこのサイトの話を読んでくれていた人には想像がつくかもしれない。 そう、やっぱり「日本の設計図や計算ソフトのせいにした」のである。いかにも韓国人らしい発想だといえよう。


      片方のタワー建設を韓国に任せてしまったペトロナスタワーのオーナーは 韓国人というものをもっとよく知ってから判断すべきだったのかもしれない。韓国と組んだことが残念な結果を招いたビジネス失敗の一例である。


      このように日本と韓国では仕事に対する考え方も品質も大きく異なる。 職人気質の日本人が高いレベルの仕事をすることは世界的にも有名なのだが それでも韓国は悔しさのあまり素直に日本の技術力を認められない


      かなり前の話だが、韓国は、韓国国内の京釜高速鉄道の国際入札でも
      韓国人特有の強烈な僻み根性を発揮している。

      当時韓国は高速鉄道の導入計画を日本に持ちかけ、散々気をもたせて
      引っ張りに引っ張った挙句にあっさり日本を捨て、フランスのTGV型鉄道システムを買うことを選んだ。その日本への不遜な態度は、
      韓国人の「日本に対する劣等感と優越感の入り雑じった感情」を大いに満足させた。


      だが、韓国人はやはり勉強不足だった。

      フランスの鉄道は「平野を走るだけ」だが、
      韓国には日本と同じようにトンネルや鉄橋があり、台風も吹く。しかもTGVはトンネルというものを想定して 作られていなかったため、トンネルに入った空気圧のショックで車輛に大きな亀裂が入ることが判明したのだ。また韓国の技術にも問題があったため、試験走行中に半導体素子が炎上、営業運転前の事故で死者を出すに至った。

      そのせいでTGVは技術再検討のため計画を一時頓挫させることになってしまったのである。

      そして計画から6年間遅れで、国家予算の2割に相当する22兆ウォン(約2兆円)の事業費と12年の歳月を費やした京釜高速鉄道はKTXという名で2004年に暫定開通した。

      ちなみに開業前の韓国では「世界で5番目の高速新線」と宣伝していたが、実際は日本・フランス・ドイツ・イタリア・スペイン・スウェーデン・ベルギー・ 英国・米国・中国・フィンランド・ノルウェー・スイス・ポルトガルに次いで「15番目」であった。


      こうして開業したKTXだが、なんと初日からいきなり電気・車輪系の故障による急減速で乗客を途中下車させたり、60代の女性を撥ねる人身事故を起こすという前途多難なスタートを切ることになる。

      また、KTXは「高速鉄道にも関わらず、鈍行列車や貨物列車と同じ線路を走る」という信じられない運用状況であり、頻発するKTXの事故のたびに他の車両の運行が妨げられている。しかも日本の新幹線と違って座席の向きが回らないため、逆方向に進む路線では“乗り物酔い”で気分が悪くなり、乗客から苦情が続出した。

      結局在来線の「特急セマウル号」のほうが安くて乗り心地がよいということで需要を開拓できず、期待した売上の半分しか収益があがらず赤字を出してしまう。そして結局は経営改善のために日本のJRグループから経営手法を教わる運びになったという。

      これらは全て韓国が
      “自国の風土に最適だったはずの日本の技術”を
      選ばなかったことによる失敗
      なのである。しかし、逆に日本からみれば、事故のたびにいつもの不当な言いがかりで“恒例の謝罪や賠償”を要求されずに済んだ上に、貴重な新幹線の技術を不用意に流出させずに済んだという点で幸運だったといえるのかもしれない。


      ちなみに韓国の拙い鉄道技術は海外でも迷惑を撒き散らしている。2005年7月の台湾政府の発表など日本人として同情を禁じえない。


      台湾が韓国から購入した列車があまりに頻繁に故障するうえに、購入時に約束していたはずのアフターサービスもせず、韓国は要望に対する返答すら満足にしないので、今後「全ての韓国企業」を「鉄道関連の全事業の入札」から締め出すことを政府として決定したというのだ。

      台湾も日本と同様に仕事への姿勢を大切にする国なので韓国の態度に我慢ならないのも無理もないことだろう。


      ちなみに日本の新幹線は、その安全性が“神話”とまで言われている。
      1964年の開通から41年間死亡事故は一件もなく、日本以外の国々でもBullet Train(弾丸列車)、またはShinkansen(シンカンセン)の名で広く知られている。

      この日本の新幹線は海外にも輸出されている。たとえば台湾に建設されることになった高速鉄道では独仏連合との受注競争の末、日本の技術が採用された。


      この計画、当初は2005年10月開業予定だったが、実はまだ完成していない。 というのも、コンサルタント業務を先に受注していた欧州連合との調整難航に加え、建設工事の一部区間を担当した韓国企業による手抜き工事が発覚したためだ。

      結果、開業時期は2006年10月以降に延期されることになってしまったのである。


      余談だが、韓国はここにきて「非公式の日韓政府間協議」を打診してきている。 JR東海や日本の車輛メーカーにも韓国から接触があったという。最近では中国も韓国と同様に日本の新幹線技術を欲しがっている。だが、日本は元々天然資源の乏しい『技術立国』の国家なので、安易に他国に技術を供与すれば後悔するのは歴史的にも証明されているので注意が必要だ。

      日本が貴重な技術を提供する場合は、信用できる国を選ばねばならないのである。



      参考までに最近の鉄道関連ニュースを韓国の新聞から引用しておく。



      【資料】 最近の鉄道関連ニュース

      韓国の高速鉄道KTXの故障発生が深刻で、
      故障件数を偽って実際より小さく発表していたというニュース。(2005/09/29)

      ■2005/09/29 京郷新聞(韓国語)
      ttp://www.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=200509291825441&code=940100

      韓国高速鉄道(KTX)の故障が深刻な水準であることが分かった。

      国会建設交通委員会所属の趙慶泰(チョ・ギョンテ)議員(ヨルリン・ウリ党)が、
      29日韓国鉄道公社から提出を受けて分析した資料によると、今年に入って
      7月末までに発生したKTXの故障は約1300件にのぼった。修理しなければ
      再運行できない故障が73件、一度以上運行すると故障発生の可能性の高くなる
      故障が1222件だった。

      趙議員は、「政府が約2兆ウォンを投じて導入した夢の高速鉄道が運行わずか
      1年で約1300件の故障が発生したということは、大きな問題だ」と指摘した。

      ハンナラ党の金泰煥(キム・テファン)議員も、今年に入ってKTXの制動制御
      装置と牽引装置の過熱で電源供給の遮断される現象が231件発生したと
      明らかにした。金議員は、「一部部品の製造欠陥のためであることが分かって
      リコール措置をする予定だが、11月以後になる予定であり、当面は
      心細い運行を続けねばならない」と説明した。KTXは電源供給中断事態のため
      去年3回、今年1回の計4回、運行中の列車を停止させて乗客を他の列車に
      乗り換えするようにしたことがある。

      韓国鉄道公社がKTXの故障を縮小発表したという疑惑も提起された。ヨルリン・
      ウリ党の李浩雄(イ・ホウン)議員は、韓国鉄道公社がKTX 開通以後5ヶ月間の
      車両故障の発生件数が60件と発表したが、監査院の資料によると10分以上
      遅延した故障などを含め計403件にのぼると指摘した。
       


      韓国が開発した新交通システムの「安全認証を取得済」はウソだった。
      また、「韓国独自の技術」というのも嘘だったというニュース。

      ■2005/09/29 YTN(韓国語)
      ttp://www.ytn.co.kr/news/var_view.php?cd=0202&cd2=04&key=200509290739010097

      今年6月に建設交通省と鉄道技術研究院が世界で4番目に開発したと発表した
      「韓国型無人運転新交通システム」について、実際には取得していない国際
      安全認証を「取得した」と虚偽発表していた事実が、YTNの取材の結果確認
      されました。

      特に、安全認証を出したとされる日本の交通安全環境研究所への取材の
      結果、韓国型新交通システムに対する安全性評価で5項目中3項目について
      「改善や見直しが必要」という評価をしていたことが確認されました。

      報告書が歪曲された事実を知った日本の交通安全環境研究所は今月26日、
      安全認証を出していないという公文書を鉄道技術研究院に送っており、
      国家的な恥さらしの事態となっています。<後略>

      ■2005/09/29 文化日報(韓国語)
      ttp://www.munhwa.com/economy/200509/29/20050929010101050400021.html

      日本の国際安全認証機関から安全性認証を取得できなかったゴムタイヤ式の
      新交通システムが、釜山市電車3号線2段階区間事業の随意契約直前まで
      行っており、波紋が広がっている。また、該当の新交通システムは核心部品を
      日本から輸入して製作されている
      にもかかわらず、政府から国産新技術
      認定書を受けていた
      ことが判った。

      <中略>特に車両の走行部分である台車と推進装置などが日本の三菱
      電機の製品
      をそのまま輸入したものであることが判明した。日本製の核心
      部品を持ちこんで組み立てた製品が、政府の標準化車両開発国策事業優良
      アイテムに選定されていたのだ。

      これについて建設交通省関係者は、「今回の事業から脱落した一部の企業等が
      不満を抱いて問題点を誇張している。新交通システムの技術は組み立てと統合
      運営技術などが核心だから、大した問題ではない」と釈明した。


      ■2005/11/04 朝鮮日報
      韓国・KTXで相次ぐ事故・故障 運行にトラブル
      ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/11/04/20051104000002.html

      ■2006/11/23 毎日経済新聞/聯合(韓国語)
      韓国・KTXの部品に破損多数発見〜列車の遅れや追突、脱線の危険
      ttp://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000004&no=500777&sID=302




      _________________とある記事______________________________

      「プロジェクトK〜朝鮮者たち」とは?

      プロジェクトK〜朝鮮者たち

      20世紀後半、人類の歴史と文明を劇的に変えたのは「プロジェクト」である。

      「プロジェクトK」は、熱い情熱を抱き、使命感に燃えて、朝鮮戦争後の画期的な事業を実現させてきた「無名の朝鮮人」を主人公とする「組織と群像の知られざる物語」である。
        今も記憶に新しいあの崩壊劇、人々の暮らしを劇的に変えた製品の模造品の開発、朝鮮人の有能さを見せ付けた巨大プロジェクト…。戦後、朝鮮人は英知を駆使 し、個人の力を"克日"という目標に集結して開花させてきた。南北分断後のエポックメイキングな出来事の舞台裏には、いったいどのような人々がいたのか。 成功の陰にはどのようなドラマがあり、数々の障害はいかなる秘策で誤魔化されたのだろうか。
       番組では、先達者たちの「朝鮮の変革の物語」を描くことで、今、再び、新たなチャレンジを迫られている21世紀の朝鮮人に向け「朝鮮民族の優秀さ」を伝えたいと考えている。



      「ペトロナスタワー・韓国技術者たちの戦い」
      〜世界一のビルディング建設〜

      http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/3906/prok/pk02.html


      ____________________________________________________


      http://airfighter.info/thai/?p=148

      ペトロナスツインタワーの噂は本当か確かめに行ってみた

      クアラルンプールにあるペトロナスツインタワーは観光名所として有名で、タワー1を日本のハザマが、韓国のサムスン物産建設部門がタワー2を建設したという事で、それにまつわる噂がネット上に多くありますが、実際本当なのかを確認しに行ってみました。



      peto




      • 韓国側が造ったタワー2は傾いている。
      • その為、タワー2には入居が少ない。

       

      主にこういったところが大きく挙げられるのですが、私は自分で見たものしか信用しないため、実際に見に行ってみようと思います。

      大抵こういう噂は尾ひれがつく事が多く、上のタワーの写真を見てやっぱり韓国側が造ったタワー2は入居が少ないじゃないかと思われるかもしれませんが、こういう画像はフォトショップを使えば一発で加工ができてしまいますので信用に値しないのです。

      さあ、まずは暇すぎる時間をつぶしに行ってみましょう。

      IMG_0353

       

      遠くから撮った写真ですが、右がタワー1(日本建造)です。他のビルに比べても巨大ですね。

       

      IMG_0362

       

      下から見るとその巨大さが分かります。

      下から見ただけでは、タワー2(韓国建造)が傾いているかは確認できませんね、実際に登ってiPhoneの水平計を使って調べてみたいと思います。

       

       

      が…

       

       

      止めました。

       

       

      なんで好き好んで高いとこに登るだけで80リンギット(2400円)も払わなくてはいけないのでしょうか?という訳で、韓国側のタワー2が傾いているかはわかりませんでした…。

       

      次に、タワー1と

      IMG_0359

       

       

      タワー2の

      IMG_0360

       

      入居数の違いを調べて見ることにしました。

      夜まで待って、明かりの数を一つ一つ数えるという面倒くさいことはできないので、実際の入居しているテナントを調べてみました。

       

      まずは、タワー1(日本側建造)

      IMG_0357

       

      3つのボードにびっしり会社名が書かれていていることがわかります。

      では、次に韓国側建造のタワー2に行ってみましょう。

       

      IMG_0358

       

      はい、スカスカです。

      別にひとつでもよかったのですが、せっかくあるから2つつかっちゃう?という甲斐甲斐しさが悲しいです…。

       

      結論!

      ・韓国側のタワー2が傾いているかは、料金が高くて調べられなかった。

      ・タワー2の入居が少ないというのは本当だった。

      ・テナントが書かれているボードを写真に収める観光客は私だけだった。

       










      | NNL | 韓国・北朝鮮のお国ぶり | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 07:29 | - | - | - | - |









        http://nnl.jugem.jp/trackback/3358
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE