東京の「日韓交流おまつり」来場した安倍首相の昭恵夫人=日本・東京

  • 2013.09.24 Tuesday
  • 09:40
 

東京の「日韓交流おまつり」来場した安倍首相の昭恵夫人=日本・東京

2013年09月23日09時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]



左側から金泰煥(キム・テファン)韓日議員連盟会長代行、安倍晋三首相の昭恵夫人、李丙ギ(イ・ビョンギ)駐日韓国大使、高円宮久子妃、岸田文雄外相。 
左側から金泰煥(キム・テファン)韓日議員連盟会長代行、安倍晋三首相の昭恵夫人、李丙ギ(イ・ビョンギ)駐日韓国大使、高円宮久子妃、岸田文雄外相。
 

 21日、東京の日比谷公園で開催された「日韓交流おまつり」の開幕式で両国の参席者が友情・和合を象徴する大型ビビンパを作りながらポーズを取ってい た。左側から金泰煥(キム・テファン)韓日議員連盟会長代行、安倍晋三首相の昭恵夫人、李丙ギ(イ・ビョンギ)駐日韓国大使、高円宮久子妃、岸田文雄外相。






___________________________________________________

韓日交流おまつり出席の安倍夫人に非難コメント

2013年09月24日08時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版



 
昭恵夫人。
  21日に東京で開かれた「日韓交流おまつり」の開幕式に参加した安倍晋三首相の昭恵夫人のフェイスブックに、非難のコメントが続いている。

  昭恵夫人はこの日、李丙ギ(イ・ビョンギ)駐日大使ら両国の主な参席者らと共に大型ビビンパ作りの行事に参加した写真をフェイスブッ クに掲載した。この行事は、両国関係の発展への願いを込めたイベントであった。すると一部のネットユーザーは「違和感を持つ。首相夫人である以上、断るべ きだった」「日本国民としてとても不快だ」「一体どういう考えで出て行ったのか、非常に目に障る」などのコメントを出した。

  反対に「首相が出られない所に夫人が代わりに出るのは良いことだ。簡単ではないけれども両国が互いに協力していくことが重要だ」とい う肯定的な意見も一部あった。批判的なコメントが増えると昭恵夫人は明仁天皇のいとこの夫人である高円宮久子妃が開幕式に参加した事実を取り上げて「色々 な考えがあるだろうが、(韓国は)隣国であり仲良く過ごすべきだと思う」という文を載せた。



}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}


君子は義に喩り小人は利に喩る


管の穴から天を覗く




誇りある日本に生まれた人間が心まで小さくなるな。


戦後の日本は利のみを追求し、義のあるところを失った。
だが、感情に走ることは利以下である。
国家を危機に貶める。



私の本音ですか?
  ↓
今の韓国とは共存出来ない。

韓国の反日は止まることはない。

韓国は不誠実な国である。狂気の国である。

付き合わないに限る。


だが、何せ隣国。


先ず、一人前の国と思うことは止める。

この国は未開の野蛮国である。
この国は利用する国であって信頼する国ではない。
この国を利用(活かす)出来ないようでは日本も一人前の文明国では無い。


この国は弱い国に対してはやくざになる。
なめて他人の家に土足であがる。
何もしないと土下座させて骨の髄までしゃぶる。
彼等はそれを当たり前と思う国である。

植民地支配されたという言葉はたかるための脅しである。
真実かどうかなど関係ない。
彼等には正義も道徳も、そもそも他人への思いやりが無い。


詐欺師国家、やくざ国家が隣にある以上、
我が国には軍備がなければならない。


間違いは政府が叱る。
国家の威厳かけて徹底的に対峙する。

百回間違えたら、百回叩く。
二百回間違えたら、二百回叩く。
謝るまで叩く。
絶対に妥協しない。


在日韓国人や在日朝鮮人がまだ色々言うなら嘘の歴史は認めないとして本国に全員戻す。
日本人として日本を愛し、日本に忠誠を尽くすものは帰化を認めるが、
反日の怨みが抜けないものは帰化させず、本国に帰って誇りある本国人として生きて戴く。
八十万ほどの人間に何兆円かかろうが、その方が国益にかなう。

500年間はこの国との互恵関係は結べないと諦めよう。

無関係の他人と思えば建前の笑顔と善言で付き合うことが出来る。
そして何時でも断交出来る。
何度でも国交を断絶しよう。
彼から求めないなら永遠に断絶してよい。

反日の国家が無くても生きていける日本を作る。
その準備に取りかかることが先決。

阿倍夫人を叩く時間があれば黙って韓国と断交出来る国作りを始める。
小さな根性では日本は生きていけない。





スポンサーサイト

  • 2019.03.18 Monday
  • 09:40
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM