NIPPON NEWS LOG

重要記事収集サイト
<< 首相「北朝鮮と民主党の深い闇」を極秘調査 拉致問題を政治利用か ... | main | キルギス、韓国人男性との国際結婚禁止する方案を検討 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    本場韓国産キムチ輸出を支えるオモニ
    0
         
       

      本場韓国産キムチ輸出を支えるオモニ 


      2007年 11月 14日

      http://tabetehaik.exblog.jp/403761/





















      おはようございます、韓国産キムチについて衝撃の写真が見つかりましたので、どうぞご覧ください。

      見てのとおり、日本に輸出するキムチに、痰やツバを吐き入れるオモニ(韓国の中年女性)の姿です。写真という形では初めてではないでしょうか?

      というのも、この手の話は2002年の韓日ワールドカップのときに、既にネットでは知られておりましたので、僕としてはとうとう出てしまったか・・・。という程度の衝撃しかないのですが・・・。動かぬ証拠という形で提示されたことについてはある種の感慨を禁じえません。

      それにしても韓国産キムチの「寄生虫騒動」はこれで幕引きのようです。なぜ、寄生虫が、それも犬や猫の糞尿に検出される寄生虫が白菜に付着したのか?日本ではほとんど議論されておりません。そこで、韓国のニュースソースを検索してみました。


      以下、引用です。

      >■[ニュース9] 犬の糞尿が、白菜畑にそのまま振り撤かれている

      <アンカー>
      白菜から出たという寄生虫卵には、犬の寄生虫も入っていました。それも当然な理由がありました。
      犬の排泄物が、堆肥化の過程を経ずに、そのまま白菜畑に振り撤かれている現場を、ホン・チャニ
      記者が取材しました。

      <記者>
      京畿道の、とある犬飼育場です。百匹あまりの犬の排泄物が床に一杯です。浸出水は何の処理も
      なしに地面に染みこんでいます。こうした排泄物は犬飼育場そばの白菜畑に肥料として撤かれます。

      <犬飼育場経営者へのインタビュー>
      「米ぬかと堆肥を作って交ぜて使うのではなくて?」「ええ。」「そのまま?」「そうです。」

      <記者>
      4百匹あまりの犬を飼育している、また別の飼育場。規模が大きい分、排泄物処理が比較的よくでき
      ている所です。しかしここから出た犬の排泄物も、やはり飼育場のすぐそばにある白菜畑にそのまま
      振り撤かれています。量が多くて使い残した排泄物は、農民たちが肥料用に持って行ったりします。

      <犬飼育場経営者へのインタビュー>
      「畑に人が直接来て持って行きますか?」「はい、直接来ます。」「白菜にこのように使うんですか?」
      「はい。」

      <記者>
      発酵させた堆肥のほうが土にも良いし寄生虫の危険も減らせるのは分かっていますが、醗酵堆肥は
      高すぎるため、排泄物を一部使わざるをえないのです。<中略>
      動物の排泄物に対する明確な処理基準と白菜栽培管理基準の整備が急がれます。

      ▽ソース:KBSニュース(韓国語)(2005/11/05 21:42)
      http://news.kbs.co.kr/article/local/200511/20051105/794966.html


      以上で引用を終わります。

      ところで、キムチに付く寄生虫はこれだけでは無いようです。

      以下、引用です。

      >2.嚢虫 Cysticercus
      【事 例】 神奈川県在住、21歳女性。焼き肉が好きでよく食べるが、生肉は食べない。キムチが好きで、韓国産のキムチ漬けを購入し常食していた。1ヶ月前から感冒様 症状があり、左上肢のしびれと右上肢の筋力低下を感じ来院。頭部CTスキャンでは脳内に計1〜2cmの腫瘤陰影が、血液検査では好酸球の増多が認められ た。このため、寄生虫症を疑って抗体検査を行ったところ有鉤条虫に対する反応が陽性であった。

      【感染リスク】 感染源としては、ヒトの糞便に出現する虫卵と豚肉内の幼虫の2種が考えられる。前者は 虫のみの感染であるのに対し、後者は有鉤条虫の感染を伴う。上記事例は前者の可能性が濃厚で、輸入キムチが有鉤条虫に汚染されていた可能性が疑われたが確 証は得られなかった。予防法は食品の加熱処理。

      【症状と診断】 幼虫が寄生する部位により、皮下腫瘤、石灰化(最も多い症状で、皮下あるいは筋肉内の寄生)、痙攣、頭痛、めまい、運動麻痺(脳内寄生)、視力障害、嘔吐、失明(眼球内寄生)などの症状が出現する。

      以上で、引用を終わります。

      脳内に感染し、最悪で人格障害、そして死にいたるなんて・・・。BSE感染のような対策はとられないのでしょうね・・・。(在日コリアンが騒ぐから・・・)
      | NNL | 韓国・北朝鮮−生活・暮らし− | 10:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 10:55 | - | - | - | - |









        http://nnl.jugem.jp/trackback/3372
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE