「ハンデなし」の対日外交、韓国は準備できているのか

  • 2015.08.27 Thursday
  • 07:46
 

【コラム】

「ハンデなし」の対日外交、韓国は準備できているのか


韓国との「普通の外交」宣言した日本
かつては歴史のハンデ負った日本が韓国に譲歩
安倍談話で「謝罪」に区切り、普通の外交への転換表明
歴史問題の追及に依存していた韓国外交、日本と実力勝負できるか


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/08/20/2015082000677.html?ent_rank_news



 2012年2月、東京で開かれたフォーラムにパネリストとして参加した。韓国人ジャーナリストが各々の専門分野別に韓日関係に関する発表を行い、日本の聴衆から質問を受ける形式だった。政治担当だった私には、韓日の外交懸案に対する質問が集中した。

  60代とみられる男性が、質問の形で問題を提起してきた。「韓国と日本の間では、普通の国同士の普通の外交が通じないようだ。両国の間に不幸な歴史があ り、日本が加害者だったためだと理解はするが、こんな特殊な関係をいつまで続けるべきなのか。戦争が終わってからずっと後に生まれた世代も、悪かったと韓 国に謝罪し続けねばならないのか」

 安倍晋三首相が14日に終戦70年談話を発表したとき、そのときのことをふいに思い出し た。「日本では戦後生まれの世代が今や人口の8割を超えている。あの戦争には何ら関わりのない私たちの子や孫に、謝罪を続ける宿命を背負わせてはならな い」という談話の文章が、3年前のあの老紳士の言葉と重なった。

 韓国人は、高慢で無礼だと安倍首相一人に向かって憤怒しているが、彼の言葉は多くの日本国民の本音を代弁していると見なすべきだ。日本は韓国に向かい「十分に謝罪したじゃないか。もう債務関係にけりをつけよう」と叫んでいるのだ。

 サッカーの韓国代表選手らは「韓日戦は試合ではなく戦争」だと言う。日本による植民地支配からの解放後、初の韓日戦が1954年に日本で行われたとき、韓国の選手団は「勝てなければ全員で玄界灘に身を投げる」という念書を書いて試合に臨んだ。結果は1勝1分けだった。

  韓日間の外交も「サッカー戦争」となんら変わらなかった。両国間で懸案が持ち上がるたび、韓国国民が一斉に反発した。日本の指導者が独島(日本名:竹島) や歴史問題をめぐり自国の立場を表明すれば「妄言」だと非難した。韓日関係に関しては、メディアも「愛国的」な報道に努めた。韓国は常に強硬姿勢で、日本 は後ずさりしていた。韓国の外交力が日本を圧倒したのだろうか。あるいは「実力が足りないなら精神力で対抗する」という韓日サッカー戦争のノウハウが外交 でも通用したのだろうか。

 

 日本の戦前の世代は、過去について負い目を感じていた。韓国を下に見ていたため、韓国に配慮するそぶりを見せる余裕もあった。また、米国は韓米日の三角同盟体制を維持するため、日本に譲歩を促した。韓日外交戦の「運動場」は片側に傾いていたのだ。

  だが月日がたち、事情は変わっている。安倍首相は「1945年の終戦以降の世代は謝罪する必要がない」としたが、その免責世代には54年生まれの安倍首相 自身も含まれる。日本は2010年、世界第2位の経済大国の地位を中国に譲った。かつてははるか後ろにいた韓国も、追い上げてきている。日本は北東アジア の大国としての誇りと体面を失った。中国と覇権争いを繰り広げる米国も、韓日の間で弱者に肩入れするほど暇な状況ではない。

  朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は就任以降、日本に対して強攻策を取り続けてきた。自身の原則に従って相手を追い込み、連戦連勝してきた国内政治の必勝公式 を韓日の外交にもそのまま当てはめた。政治の舞台では、国民という審判が「原則と所信を持った政治家」の味方をしてくれたりもした。だが、国際関係には審判がいない。国益に有利な方向に相手を動かすため、各国が力対力で相対する実力対決が通じるだけだ。

 安倍首相は最初から、韓国に謝罪する考えはなかった。そして韓国は、安倍首相に望まないことをさせる手段を持たなかった。以前なら韓国の味方をしてくれたであろう米国も、韓国の歴史問題に対する執着にうんざりしている。朴大統領の原則は、外交舞台では全く通じなかった。

  韓日の外交はこれまで、ハンディキャップ付きのゲームだった。日本は歴史問題というハンデを背負って韓国と向き合ってきた。その日本が、終戦70年という 節目の年に、ハンデをなくして「普通の外交」に転換すると宣言したのだ。歴史に対する反省の期限を自ら定める日本の態度には呆れるが、そうした議論はさておき、歴史問題の追及に依存していた韓国外交は実力対実力で日本を相手にせねばならない現実に直面することになった。

 外 交戦の勝負は物理力だけで決まるのではない。原初的な力は及ばなくても、その派生効果を極大化できるポジションを選び、同盟関係を活用することで望む結果 を得ることも可能だ。大勢を見極める洞察力でハードパワーの不足を補うことが求められる。韓国の内部でしか通用しない生半可な大義名分を掲げて相手を怒鳴りつけても、国際舞台で嘲笑されるだけだ。韓国は果たして、平らな運動場で日本と相対する準備ができているのだろうか。

金昌均(キム・チャンギュン)副局長(社会部長)




 

スポンサーサイト

  • 2019.08.20 Tuesday
  • 07:46
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM