交代説飛び交う康京和外相、外交部内で弱まる存在感

  • 2019.06.06 Thursday
  • 07:59

 

交代説飛び交う康京和外相、外交部内で弱まる存在感

交代説飛び交う康京和外相、外交部内で弱まる存在感

 

 韓国外交部(省に相当)でこのところ業務ミス・規律の緩み・海外公館長の不祥事などが相次いでいることから、康京和(カン・ギョンファ)長官の交代説が同部や与党、その周辺で飛び交っている。大統領府は3日、「事実ではない」と火消しに出たが、その後も交代説は鎮まる気配がない。外交消息筋は4日、「康京和長官のリーダーシップの源は、外交官試験を受けずに女性として初めて外交部長になったという芸能人並みの『大衆人気』だったが、最近相次いでいるミスや不祥事でその人気も色あせてきた。最近は康京和長官の影響力が下がっている雰囲気だ」と語った。

 

 複数の外交消息筋によると、外交部内で康京和長官の存在感が最近弱まっているのと反比例するかのように、金鉉宗(キム・ヒョンジョン)大統領府国家安保室第2次長の立場が急速に強まっているという。「対米通商専門家」だった金鉉宗次長は昨年2月の赴任以降、康京和長官抜きで米朝交渉や米中貿易確執といった主な外交懸案を取りまとめている。外交部本部の40代の書記官は「最近は長官より金鉉宗次長に提出する報告書の方に力を入れている。金鉉宗次長は完ぺき主義者だとのうわさが外交部内で飛び交っており、その基準に合わせようと土曜日も出勤・残業する実務者が増えた」と話す。ある中堅幹部は「康京和長官が強調した『ワーク・ライフ・バランス』(仕事と生活のバランス)の重要性には誰もが共感しているが、外交・儀典でさまざまなミスが相次ぎ、ワーク・ライフ・バランスという言葉を口にしづらくなった。康京和長官も最近の幹部会議ではワーク・ライフ・バランスに言及しない」と言った。

 

 

 大統領府が「外交部ナンバー2」の第1次官人事を康京和長官の仏パリ出張中に出したのも、康京和長官の地位が揺らいでいることと関係があると見られている。それほど大統領府でも康京和長官の立場が弱まっているということだ。「金鉉宗人脈」とされる新任の趙世暎(チョ・セヨン)外交部第1次官は先月24日の就任演説で「外交部は現在、非常事態」「規律の緩み」「厳重問責」などの警告を含む発言を連発した。就任式に出席した書記官クラスの外交官は「新しい長官が来たのかと思った」と話す。ある元外交官は「新任の次官が外交部の功過を問うこと自体、康京和長官の責任を問うているかのように見える」とした。

 

 康京和長官交代が実現するとすれば、今月末に大阪で行われる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)後の7月ごろになるという説が有力だ。政府筋は「足踏み状態にある北朝鮮の核交渉や最悪の韓日関係など、さまざまな外交問題で大統領府もかなり政治的負担を感じている。ムード刷新の観点から外交部長間の交代時期が早まる可能性もある」と言った。しかし、別の政府関係者は「康京和長官は『現政権を代表する商品』なので、簡単にはアウトにならないだろう。年末までは長官の座を守り、来年の総選挙に合わせて出馬する可能性もある」と語った。

 

ノ・ソクチョ記者

 

【随想】

外交部のトップが「ワーク・ライフ・バランス」(仕事と生活のバランス)を強調したと聞いて、韓国の危うさが奈辺から来るのか分かる気がした。

 

その「重要性には誰もが共感してい」ても、それは第2義、第3義のことだ。外交部の仕事の第1義は国の領土と国民と国益を外交という立場において守ることだ。それは個人の範疇のものではない。韓国の運命を双肩に担うべき者が、「ワーク・ライフ・バランス」と言ったらその国はお終いだ。祖国を守ることに命を懸けるのは軍人だけではない。各自の仕事の意味をよく知りその人間に意義ある仕事をさせるのがトップの仕事でもある。

 

北との融和と共生が外交部の仕事の第一ではない。民族の統一は朝鮮民族の悲願であろう。それは成し遂げれば良いというものではない。そこに発生する南北の対立と疑念と恨みを溶かし相和する地図と具体策がないのに南北統一を実現したら、それこそ統一はしたけれども全民族を弱肉強食の地獄に陥れることになる。気持ちだけで行動したら現実は全く違うとんでもない事態となる。

 

文の政策を見る限り彼にそんな対策を持っていそうにない。このままいけば韓国は民族の大悲劇を味わうことになるだろう。金魚の糞の康京和には本当の愛国心とそれを世界の外交の中で達成する識見と技量と統率力があるのだろうか。中身のないアジテータや宣伝屋では引き出しの数も奥行きもなくて何も出来ないだろう。力量のない人間を外交部のトップに置いておく時間は今の韓国にはないと思うが。

 

スポンサーサイト

  • 2019.07.15 Monday
  • 07:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM