【社説】顕忠日に金元鳳を称賛する韓国軍統帥権者

  • 2019.06.08 Saturday
  • 08:31

 

【社説】顕忠日に金元鳳を称賛する韓国軍統帥権者

 

 

 「顕忠日」の6日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は追悼演説で「光復軍には金元鳳(キム・ウォンボン)が率いた朝鮮義勇隊が編入され、ついに民族の独立運動の力量を結集した」「統合された光復軍は韓国軍創設のルーツとなり、韓米同盟の土台となった」と語った。金元鳳は、北朝鮮の政権樹立に参加し、政権の要職を歴任した人物だ。しかも「祖国解放戦争」(朝鮮戦争)で勲功を立てたとして、金日成(キム・イルソン)から最高勲章の一つ「労力勲章」まで授与された。

 

 顕忠日は、6・25(朝鮮戦争)で北朝鮮軍の侵略に立ち向かい、犠牲となった護国の英霊を追悼する日だ。その席で文大統領は、6・25の話は一切しなかった。逆に、6・25の際に侵略者の側で勲功を立てた人間を、植民地時代に光復軍に属していたという理由だけで「韓国軍のルーツ」であるかのように語り続けた。奇怪な論理と言わざるを得ない。金元鳳が功績を立てたという6・25で韓国の国土は荒廃し、国民は虐殺された。社会の主流の交代が生涯の宿願だという文大統領が、今や6・25南侵の歴史すら覆そうとしている。それも、ほかならぬ金元鳳のような人物から国を守り、命をささげた国軍兵士たちの前で。大統領のイデオロギーがどういうものであるかはおおむね分かっているが、それでも、大韓民国の公職者として守るべき最低限のラインというものがある。

 

 文大統領は、野党の代表を務めていた当時、金元鳳が登場する映画を見て「独立有功者褒賞を検討しよう」と語った。その意向に沿って、報勲処は叙勲作業を強引に進めている。それに対する反対世論が手ごわくなるや、大統領は金元鳳に「国軍のルーツ」という功績まで追加してやろうというのか。地に眠る英霊たちが痛哭(つうこく)するであろう事態だ。

 

 

 文大統領は「保守であろうと進歩であろうと全て愛国を尊敬する」と言った。金元鳳称賛の流れから見ると、北朝鮮の「金氏王朝の進歩」も「愛国」のカテゴリーに入るのか。文大統領は「今や社会を保守と進歩、二分法で分けられる時代は過ぎ去った」と語った。国民をイデオロギーによって裂くのではなく統合すべきだという言葉に、反対する人間はいない。どうかそのようにしてほしいと、大統領に懇請すべきことだ。だが文大統領は、三・一節(独立運動記念日)の記念の辞では「親日残滓(ざんし)清算は、あまりにも長く先送りにされてきた宿題」と語り、5・18(1980年5月18日。光州事件)の記念の辞では、5・18を違う視点で見る人間は「独裁者の子孫」だと言った。国政課題の第1号に掲げた「積弊清算」はあまたの悲劇を生み、政権2年を過ぎてもなお続いている。積弊捜査をもうやめるべき時期になったのではないか、という社会の重鎮の建議に対し、大統領は「国政をもてあそぶ行為は反憲法的なのだから妥協はできない」と答えた。こうしてこの2、3カ月だけでも、大統領は自分と考えの異なる国民を親日、独裁者の子孫、反憲法的と決め付け、「組分け」をしてきた。今や韓国社会で国民を「組分け」して対立をあおる、その中心には文大統領が立っている。そんな大統領が、だしぬけに「組分けをやめよう」と言う。幽体離脱話法(当事者なのに人ごとのように語ること)、ネロナムブル(自分がやったらロマンス、他人がやったら不倫)発言があまりに多くて数えるのもしんどいが、これは全くあきれるほどだ。

 

 三・一運動100周年記念式典でだしぬけに「アカという表現は親日残滓」という論理を開陳したのに続き、顕忠日には金日成から勲章をもらった人間を「韓国軍のルーツ」と称賛した。韓国軍の統帥権者が顕忠日に護国の英霊の前でこんな演説をするのであれば、国軍将兵にどうして北朝鮮の南侵に備えて国を守れと言えるだろうか。そういう気持ちが、あるにはあるのか。

 

【随想】
文を弾劾罷免できないなら韓国は終わりだ。文は明らかに韓国の売国奴だ。狂気極まれりだ。

スポンサーサイト

  • 2019.07.15 Monday
  • 08:31
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM