NIPPON NEWS LOG

重要記事収集サイト
<< 民主の憲法提言原案 | main | 中共の管理下に置かれた旧日本軍の化学兵器の問題 >>
姜在渉議員 「盧大統領は国家アイデンティティーを守るべき」
0
    姜在渉議員「盧大統領は国家アイデンティティーを守るべき」

    http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=68601&servcode=200§code=200

    ハンナラ党の姜在渉(カン・ジェソップ)院内代表は14日、国会の交渉団体代表演説で、「姜禎求(カン・ジョング)教授を救うために総動員される政権、この国の法秩序を根本から揺るがす法務長官、国を守る殉国烈士を侮辱する一部の勢力が国民大統合を阻害している」と批判した。
    (馬場参考:殉国烈士については http://www.lifeinkorea.com/cgi-bin/travel2j.cfm?TravelID=335 を参考にして下さい)
    姜代表は盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領に対し、「大韓民国のアイデンティティーを守ってほしい。 過去清算という名でこれ以上、大韓民国の歴史を歪曲するのはやめてほしい」と要求した。

    姜代表はこの日の演説で、「北朝鮮に平和の道を選択させ、‘韓半島経済共同体’建設という遠大な構想を準備しなければならない」とし、「韓国坡州地域から開城(ケソン)工業団地を含め、北朝鮮の海州(ヘジュ)地域を連結する‘統一経済特区’をつくろう」と提案した。

    姜代表は「この地域はソウル・平壌(ピョンヤン)・仁川(インチョン)国際空港から地理的に接近しやすく、物流移動の拠点の役割をする」とし、「政府・企業・国会が参加する仮称‘統一経済特区推進委’を構成しよう」と述べた。

    金正河(キム・ジョンハ)記者


    金容甲議員「北の労働党と連立政府しようということか」

    http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=68622&servcode=200§code=200

    野党ハンナラ党・金容甲(キム・ヨンガップ)議員は14日、与党「開かれたウリ党」(ウリ党=「わが党」との意)の文喜相(ムン・ヒサン)議長が前日の交渉団体・代表演説で、ウリ党と北朝鮮・朝鮮労働党の交流を提案したことについて「労働党と連立政府でもしたい、ということなのか」とし、厳しく批判した。

    金議員は、自身のオフィシャルサイトに掲載した文で「韓国憲法は、労働党について、北朝鮮を強制占領している反国家団体、と定義付けている」とし「そうした労働党と『党対党』の交流をしたい、というのは常識はずれなもので納得いかない」と主張した。同議員は「次回には、労働党と連立政府をしたい、との声が上がってこないものか、懸念されるところ」とし「あちこちへ連立政府を、物乞いをするように求めていたが、北朝鮮でパートナーを探すことにしたのか、という気さえする」と皮肉った。
    2005.10.14 20:47:03

    <馬場>
    韓国の中央日報の記事からの転載である。韓国には「国を守る殉国烈士を侮辱する」という言葉が残っているのを見てホッとした。
    これが普通の国と普通の人間の考え方なのである
    国を守った者が尊敬されない国家や社会というものは、人間社会として奇形であり、いずれ滅亡せざるを得ない。
    日本の少子化、或いは国勢の衰退といった問題は、現在の日本が人為社会、人間が人間本来の心を失い人間中心に勝手に作り上げた社会であることから来ているのである。
    これを是正して、人間の自然な心を取り戻せば、日本は人間本来のイキイキとした社会に戻る事が出来る。
    それが今の日本に最も必用なことである。

    ウリ党と北朝鮮・朝鮮労働党の交流を提案したことについて「労働党と連立政府でもしたい、ということなのか」と厳しく批判したとい記事についてだが、私は常々韓国は結局は何を置いても北朝鮮と一緒になりたいのだという疑念をもっている。その為には日本や米国のことは切り捨てることが出来ると思っているのではないか。とすれば、日本はその彼の可能性を十分に認識した上で、韓国との交際を覚めた眼で冷静に見守らないと、我が国の安全保障が一気に危うい事態に陥りかねないことを忘れてはならない。
    | NNL2 | 韓国・北朝鮮−統一問題− | 09:04 | - | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 09:04 | - | - | - | - |
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + RECENT TRACKBACK
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE