中朝国境で謎の交通事故死 人権活動家の韓国人牧師 昨年8月には毒物注射も

  • 2012.06.07 Thursday
  • 08:55
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/120530/kor12053011260003-n1.htm

中朝国境で謎の交通事故死


 人権活動家の韓国人牧師 昨年8月には毒物注射も


2012.5.30 11:23
韓国


 30日付の韓国紙、朝鮮日報は、北朝鮮との国境に接する中国吉林省延辺朝鮮族自治州で27日、北朝鮮向けの人権活動に携わっていた韓国人牧師(58)が不審な交通事故で死亡していたと報じた。


  牧師は同州の州都、延吉の教会から1人で車を運転して別の教会に移動中、対向のバスと正面衝突し、現場で死亡した。牧師に近い宣教師によると、中国当局は 事故について「牧師が居眠り運転をしていたようだ」とだけ説明し、バスの運転手の身元など具体的な事故の経緯について明らかにしていないという。

 牧師は昨年8月、延吉で何者かに脇腹へ注射針を刺され、体内から毒物が検出される事件に遭い、一時帰国していたが、今年初めに中国に戻ったという。

 バスには乗客が乗っておらず、現場にバスの破片なども残されていなかったとの情報もある。(共同)




中国、脱北者一掃に乗り出す

  • 2012.05.28 Monday
  • 07:27
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/120525/kor12052514290003-n1.htm

中国、脱北者一掃に乗り出す


 中朝国境 公安当局「即時に処理する」


2012.5.25 14:28 中国

 25日付の韓国紙、朝鮮日報は、北朝鮮との国境に接する中国吉林省延辺朝鮮族自治州の公安当局が今月15日から10月15日までを外国人の取り締まり強化期間とし、北朝鮮脱出住民(脱北者)の一掃に乗り出したと報じた。

  中国当局は、不法に入国、滞在、就労している外国人に対し全国的に実施している取り締まりの一環としているが、同州は主要な脱北ルートである上、脱北者支 援などに当たる外国の非政府組織(NGO)も取り締まり対象としていることから、脱北者を狙った措置とみられるという。

 延辺の公安当局者は「延辺では常に外国人の不法入国や犯罪が起きている」と指摘し、「不法入国や滞在が確認されれば即時に調査し処理する」と述べた。(共同)

北朝鮮のサイト 「脱北者」手記を掲載

  • 2012.03.17 Saturday
  • 23:44
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/120317/kor12031722440010-n1.htm

北朝鮮のサイト 「脱北者」手記を掲載


2012.3.17 22:41
北朝鮮


 北朝鮮の対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会のウェブサイト「わが民族同士」は17日までに、北朝鮮から脱出した経験があるとする「脱北者」住民の手記を掲載、韓国が北朝鮮のイメージを失墜させるため「卑劣な謀略」を繰り広げていると非難した。

 手記は、国境を越え中国に行ったことがある男性労働者のものとされる。韓国の情報機関、国家情報院の指示を受けた中国の朝鮮族住民に「買収」され、韓国に「拉致」されそうになったとの内容。

 韓国では最近、中国で拘束された脱北者の送還問題について関心が高まっている。(共同)

ハンストの韓国女性議員倒れる 脱北者強制送還に抗議

  • 2012.03.06 Tuesday
  • 09:22
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/120302/kor12030222140003-n1.htm

ハンストの韓国女性議員倒れる 脱北者強制送還に抗議


2012.3.2 22:13
韓国


 中国で拘束された北朝鮮脱出住民(脱北者)の強制送還に抗議し、ソウルの中国大使館前に座り込みハンストを続けていた韓国野党、自由先進党の女性国会議員、朴宣映氏(55)が2日、抗議集会中に意識を失って倒れ、病院に搬送された。


 朴議員は2月21日からハンストを始め、11日目だった。搬送先の病院は韓国メディアに、生命に別条はないと説明している。朴議員は数日前から体調が悪化し、大使館前のテントでほぼ寝たきりでハンストを続けていた。

 朴議員は、2月に脱北者多数が拘束されたとの情報を独自に入手して公開。韓国国会が送還に抗議する決議を行う中心になった。また情報入手のため2月下旬に中国内の韓国公館を訪問しようとしたが中国政府は査証発給を拒否した。(共同)

脱北者送還問題 米政府・機関やNGOの関心強く

  • 2012.03.01 Thursday
  • 08:10
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120229-00000016-yonh-kr

脱北者送還問題 米政府・機関やNGOの関心強く

聯合ニュース 2月29日(水)10時46分配信

 【ワシントン聯合ニュース】中国に拘束されている北朝鮮脱出住民(脱北者)の強制送還問題が、韓国だけでなく米国でも活発に取り上げられている。
 米議会の政策諮問機関である中国問題に関する連邦議会・行政府委員会(OECC)は、中国の脱北者送還に関する公聴会を3月5日に開催する。米国の人権団体、北韓自由連合のショルティ代表や、中国から北朝鮮に送還された経験を持つ脱北者らが出席する。
 また、北朝鮮人権問題に関連し活動する米国の非政府組織(NGO)は、1日に駐米中国大使館前で脱北者送還反対のデモを予定している。
 米政府も同問題に対する懸念と関心を中国政府に伝えているという。ある外交筋は今月28日、「米政府がさまざまな形でこの問題に対する関心を中国に伝え ている。国連ではもちろん、2国間でも行っている」と話した。今後、国際法を根拠に中国に圧力をかける場合、韓国と米国が協力を強化することになりそう だ。

激化する脱北者送還問題、韓国国会議員のビザ申請を却下―中国

  • 2012.03.01 Thursday
  • 07:58
 http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=59206&type=

激化する脱北者送還問題、


  韓国国会議員のビザ申請を却下―中国


配信日時:2012年3月1日 11時53分



28日、韓国の女性議員・朴宣映氏は中国入国ビザの申請を拒否されたと明かした。脱北者の強制送還をめぐり、韓国では抗議活動が激化している。朴議員はその急先鋒で、8日にわたりハンガーストライキを続けている。写真は中国・北朝鮮国境。







2012年2月28日、韓国の女性議員・朴宣映(パク・ソンヨン)氏は中国入国ビザの申請を拒否されたと明かした。29日、環球時報が伝えた。

20人以上もの脱北者が中国で拘束され北朝鮮への強制送還が予定されている問題で、韓国では中国に対する抗議活動が激化している。その急先鋒の一人が朴議員。21日から28日まで8日間、在韓国中国大使館前でハンガーストライキを実施している。

その朴議員は28日、中国政府にビザ申請を却下されたことを明かした。13日と27日の2回、申請したがいずれも却下されたという。韓国の外交パ スポート保有者に対してのビザ申請却下はおかしいと朴議員は抗議している。中国訪問の理由は在中国韓国大使館を訪問し、脱北者関係の業務報告を受け取るこ とにあったという。国会議員の業務のための訪問申請が却下されるのは初の事態だという。(翻訳・編集/KT)





(朝鮮日報日本語版) 【記者手帳】朴宣映議員の孤独な戦いを傍観する与党執行部

  • 2012.02.29 Wednesday
  • 10:29
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120229-00000779-chosun-kr

(朝鮮日報日本語版) 【記者手帳】

朴宣映議員の孤独な戦いを傍観する与党執行部


朝鮮日報日本語版 2月29日(水)9時46分配信

(朝鮮日報日本語版) 【記者手帳】朴宣映議員の孤独な戦いを傍観する与党執行部
拡大写真
(写真:朝鮮日報日本語版) チョ・ベッコン政治部記者
 ソウル市鍾路区孝子洞の在韓中国大使館前に設置されたテントで、白髪の高齢男性が膝をつきながら朴宣映(パク・ソンヨン)議員=自由先進党=の手を取 り、祈りをささげた。通りがかりの中年夫婦も朴議員に「ご苦労様です」と言いながら水を差し出した。朴議員は、中国による脱北者の強制送還に抗議するため 21日から断食を続けており、取材した日(28日)は8日目だった。

 テントには市民が置いていった毛皮の帽子、マフラー、靴下、使い捨てカイロなどが積み上げてあった。朴議員は「これらは朝早く教会に祈りに行く人たちや 朝の出勤サラリーマン、週末に登山に行く人たちがテントに立ち寄り、置いていったものだ。金持ちになったような気分だ」と述べた。

 朴議員は「先週末にはある中年男性がテントにやって来て、“済州道から来ました。頑張って下さい”と激励してくれた。“協力できなくて申し訳ない”と泣 く人もいた」と語る。一週間以上にわたり塩と水しか口にしていないためか、声には力がなく、口元に耳を近づけなければ聞き取れなかった。

 この日午後2時、韓国戦争(朝鮮戦争)北朝鮮拉致被害者家族協議会の李美一(イ・ミイル)理事長と関係者が朴議員を訪ねてきた。朴議員の手を取った李理 事長はしばらく何も語らなかったが、その後涙を流しながら「国会議員は299人もいるが、このように現場に出ているのは朴議員だけ。これは理解し難いこと だ。朴議員の小さな体が一層小さくなったようでつらい」と声を掛けた。朴議員のテントにはソウル市民や脱北者、北朝鮮人権団体の関係者など1日数百人が訪 ねてくる。しかし仲間の国会議員は1人もやって来ない。

 朴議員が所属する自由先進党からは、議員全員が1回ずつ立ち寄った。しかし、北朝鮮の人権問題を何度も取り扱ってきた与党セヌリ党非常対策委員会の10 人のうち、朴議員を訪ねてきたのは黄祐呂(ファン・ウヨ)院内代表、李柱栄(イ・ジュヨン)政策委員長の2人だけだ。それ以外のセヌリ党議員で朴議員を訪 ねてきたのは申志鎬(シン・ジホ)、朱豪英(チュ・ホヨン)、田麗玉(チョン・ヨオク)、洪日杓(ホン・イルピョ)議員らわずか10人ほど。記者が「(セ ヌリ党非常対策委員会の)朴槿恵(パク・クンヘ)委員長から伝言はなかったのか」と訪ねると「なかった」と答えた。朴槿恵委員長は16日に中国の胡錦涛国 家主席宛に「脱北者の人道的取り扱い」を求める書簡を送ったが、その後は脱北者の強制送還問題について公の場では何も語っていない。また野党・民主統合党 の議員たちは、この問題にほとんど関心がなさそうだ。

 朴議員はこの問題で沈黙を守る進歩・左派陣営について「彼らは人権という概念さえ持ち合わせていない。自分たちの目的を果すために、“人権”という言葉を利用してきただけだ」と非難した。

 朴議員は「政界は4月の国会議員選挙に向けて誰もが大忙しだろう。しかし脱北者の命が懸かった強制送還問題から顔を背けて沈黙を守るのは、結果的に犯罪行為の共犯になってしまう」「中国が(強制送還を)やめるか自分が終わるか、結論は二つのうち一つだ」とも語った。

 最近の政界ではどのような問題でも、4月の国会議員選挙と年末の大統領選挙にプラスになるかどうかという基準でふるいにかけられる。利害と打算だけで動く政界が、脱北者問題に真に関心を持つのはいつの日になるだろうか。

韓国が国連人権理事会で「脱北者の強制送還」問題を提起、中国との関係悪化も―韓国メディア

  • 2012.02.28 Tuesday
  • 23:01
 http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=59162&type=

韓国が国連人権理事会で「脱北者の強制送還」問題を提起、


中国との関係悪化も―韓国メディア


配信日時:2012年2月28日 20時19分


28日、中国紙は、ジュネーブの国連欧州本部で27日に開かれた人権理事会の閣僚級会合で、韓国が「脱北者の強制送還」問題を提起したと報じた。写真は北朝鮮。


  • 画像ID: 317308
  • ファイル名: CFP386852975.jpg



2012年2月28日、中国紙・環球時報は、ジュネーブの国連欧州本部で27日に開かれた人権理事会の閣僚級会合で、韓国が「脱北者の強制送還」問題を提起したと報じた。

韓国KBS放送によると、韓国外交通商省の金奉●(=火へんに玄、キム・ボンヒョン)調整官が演説し、「脱北者が強制送還された後の危険な境遇」を紹介した。具体的な国名は名指ししなかったが、中国のことを指していることは明らか。

記事によると、韓国YTNテレビはこれに対し、「それでも中国が脱北者を『経済的な要因による不法入国者』とみなすという立場は変えない」との見 方を示した。北朝鮮は「韓国が脱北者を大げさに報道することは中国の内政干渉にあたる疑いもある」と非難していることから、かえって中国・北朝鮮との関係 が悪化する可能性もある、と指摘している。

また、韓国紙・京郷新聞も論評記事を掲載し、「一部の人間が脱北者問題を騒いでいるが、中国との関係を悪化させるだけでなく、結局、中国を止める こともできないだろう。韓国が本当に人道問題を解決したいのなら、食糧支援などの再開を検討すべきだ」と報じた。(翻訳・編集/NN)




脱北者問題に沈黙守る韓国の進歩勢力

  • 2012.02.28 Tuesday
  • 08:44
 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/02/28/2012022800510.html


【記者手帳】


脱北者問題に沈黙守る韓国の進歩勢力

 「世の中の人々に聞いてみたい。あれだけ多かった『ろうそく』や『希望バス』はどこに行ったのかと」

  中国による脱北者強制送還の中断を訴え、在韓中国大使館(ソウル市鍾路区孝子洞)前で5日間にわたりハンガー・ストライキを続けている李愛蘭(イ・エラ ン)北朝鮮伝統飲食文化研究院長(48)は、こう話した。脱北女性として初めて韓国で博士号を取得した同氏は15年前、逮捕されたら死ぬ覚悟で殺鼠(さっ そ)剤を懐に入れ、生後4カ月の息子を背負って中朝国境の川、鴨緑江を渡った。

 李院長は「中国の知人に『中国は脱北者を強 制送還すべきではない』と話したところ『韓国のろうそく(デモ)はどこに行ったのか』と言われ、やり切れない気持ちになった。韓国国民はなぜ脱北者にはこ れほど非情なのか」と語った。米国産牛肉の輸入再開問題が浮上した2008年、ソウルの都心を埋め尽くした「ろうそく」や、韓進重工業の整理解雇に抗議 し、釜山に集まった多くの「希望バス」は、今回の脱北者送還問題では影をひそめている。むしろ韓国国内の難民や全世界の人々が脱北者のために立ち上がり、 救出を訴えている。まさに恥ずべき状況だ。

 コンゴやバングラデシュ、コートジボワール、ミャンマー出身の難民40人は26日、中国大使館前で脱北者の強制送還中断を呼び掛けた。難民たちは「脱北難民はどんな難民よりも大きな危険にさらされている」と述べ、逮捕した脱北者をすぐに釈放するよう中国政府に訴えた。

  国際難民支援団体「避難処(PNAN)」のイ・ホテク代表(53)は「脱北者問題はどんな人権問題よりも凄絶(せいぜつ)で深刻な問題だが、国民は無関心 なばかりか『脱北者問題を提起すれば北朝鮮を刺激しかねない』という人さえいる。米国産牛肉の輸入再開問題、米軍装甲車による女子中学生轢死(れきし)事 件など、あらゆる問題を人権問題として取り上げながらも、脱北者問題にだけは沈黙するこうした人々は、偏った人権意識を持っている」と指摘した。

  韓国、米国、日本、台湾、ロシア、中国など約100カ国・地域で、脱北難民の救出に向けた運動が展開されている。だが「進歩」という名前を肩書きのように 掲げていた韓国の団体や政治家たちは沈黙を守っている。韓国にいる2万3000人余りの脱北者の訴えに一度でも耳を傾けていたなら、そうはできないだろ う。これではいけない。

アン・ジュンホ社会部記者

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM